コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山エンタツ よこやまエンタツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横山エンタツ
よこやまエンタツ

[生]1896.4.22. 兵庫,三田
[没]1971.3.21.
漫才師。本名石田正見。地方回りの喜劇役者で,アメリカ巡業なども行う。 1930年,吉本興業で花菱アチャコと組んだ漫才がインテリ層の支持を受け,ラジオを通じて全国の人気者となった。映画にも進出。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よこやま‐エンタツ【横山エンタツ】

[1896~1971]漫才師。兵庫の生まれ。本名、石田正見。花菱アチャココンビを組んだ漫才で人気を確立。喜劇俳優として、映画・舞台でも活躍した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山エンタツ よこやま-エンタツ

1896-1971 昭和時代の漫才師,俳優。
明治29年4月22日生まれ。中学を中退して旅回りの喜劇団を遍歴し,昭和4年漫才一座を編成。翌年花菱(はなびし)アチャコとコンビをくみ,しゃべくり漫才の「早慶戦」などで一躍人気をえる。コンビ解消後の17年エンタツ劇団を結成し,喜劇俳優として舞台,映画で活躍した。昭和46年3月21日死去。74歳。兵庫県出身。本名は石田正見。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よこやまえんたつ【横山エンタツ】

1896~1971) 漫才師。兵庫県姫路生まれ。本名、石田正見。昭和五年結成した花菱アチャコとのコンビで「しゃべくり漫才」を確立。映画にも出演。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の横山エンタツの言及

【漫才】より

…落語や講談と違って万才は形の決まらない即興の話芸であり,その不定形の様式が,この時代に万才の発展した原因である。そのように万才の様式を使い慣らしたのは横山エンタツ(1896‐1971)であり,彼が相方の花菱アチャコ(1897‐1974)との掛合いですでに手がかりをつかんでいた話芸の芽をさらに大きく伸ばしたのは,朝日新聞大阪本社の白石凡(1898‐1984)が,彼を秋田実(1905‐78)に引き合わせたのが機縁となっている。秋田実は大阪生れで,東京大学中国哲学科に在学中,日本労働組合全国協議会傘下の機関誌部に入り,非合法の活動に加わった。…

※「横山エンタツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横山エンタツの関連キーワード樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールブダペストの市民公園たけくらべ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横山エンタツの関連情報