コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横須賀港 よこすかこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横須賀港
よこすかこう

神奈川県南東部,横須賀市東京湾岸から浦賀水道沿いに連なる港湾。港域は長浦湾の長浦地区,横須賀湾の本港地区と,その先の沖合いを埋立てた新港地区,安浦地区,浦賀地区,久里浜地区などに分れる。リアス海岸地形で湾入は深く,潮汐の影響が少い。東京湾口に位置する重要性から,慶応1 (1865) 年江戸幕府によって製鉄所が建設され,明治以後は 1884年横浜から海軍鎮守府が移り,1903年海軍工廠が設置されるなどして,全域が要塞化された。第2次世界大戦後は貿易港に指定され,湾岸には自動車,造船,重機械などの工場が並ぶ。本港地区にはアメリカ海軍基地司令部があり,原子力潜水艦の寄港地,第7艦隊の通常型航空母艦ほか 10隻の母港および海上自衛隊の基地。長浦地区にも海上自衛隊の基地が立地し,南極観測船の根拠地である。また新港地区とともに輸出用の自動車を積み出している。石材や砂利などの建築資材の移入がおもな安浦地区など4地区は民間が利用している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

横須賀港

神奈川県にある港。東京湾南西部、横浜港の南に位置する天然の良港。1953年4月設立。港湾管理者は、横須賀市。幕末には浦賀や久里浜に黒船が訪れ、開国の歴史の舞台となった。1865年の横須賀製鉄所の設置を機に工業港として発展。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、5,526ヘクタール。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

横須賀港の関連キーワード電子戦機EA6Bプラウラーインディペンデンス神奈川県横須賀市横須賀[市]横須賀城跡神奈川県三浦半島東京汽船三笠

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横須賀港の関連情報