コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横須賀港 よこすかこう

3件 の用語解説(横須賀港の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横須賀港
よこすかこう

神奈川県南東部,横須賀市東京湾岸から浦賀水道沿いに連なる港湾。港域は長浦湾の長浦地区,横須賀湾の本港地区と,その先の沖合いを埋立てた新港地区,安浦地区,浦賀地区,久里浜地区などに分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よこすか‐こう〔‐カウ〕【横須賀港】

神奈川県横須賀市、東京湾入り口付近にある港。重要港湾の一で、管理者は横須賀市。市域の湾岸部を大きく占めており、海上自衛隊と米軍の施設を含む。南部の久里浜地区はペリー上陸の地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

横須賀港

神奈川県にある港。東京湾南西部、横浜港の南に位置する天然の良港。1953年4月設立。港湾管理者は、横須賀市。幕末には浦賀や久里浜に黒船が訪れ、開国の歴史の舞台となった。1865年の横須賀製鉄所の設置を機に工業港として発展。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、5,526ヘクタール

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横須賀港の関連キーワード横浜港神奈川県横浜市神奈川区大野町神奈川県横浜市中区海岸通神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県横浜市神奈川区宝町神奈川県横浜市神奈川区東神奈川神奈川県横浜市中区山手町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横須賀港の関連情報