コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久里浜 くりはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久里浜
くりはま

神奈川県南東部,横須賀市の地区。三浦半島東岸の小湾の奥にある久里浜港を中心とする。嘉永6 (1853) 年アメリカ合衆国の使節ペリーが上陸し,江戸幕府の代表と会見した地。漁港として発展してきたが,第2次世界大戦後は水産加工場のほか各種工場,火力発電所の建設が進んで,工業地区となっている。周辺は住宅地区。久里浜駅は JR横須賀線の終点で,京浜急行電鉄と接続。千葉県の金谷港との間にフェリーが就航している。ペリー記念公園があり,毎年7月 14日には黒船祭が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

久里浜【くりはま】

神奈川県横須賀市,三浦半島東岸の久里浜湾に臨む地域。1853年ペリーが上陸した地で,その記念碑があり,毎年7月14日黒船祭が行われる。海岸は大戦中に埋め立てられ,戦後は米軍や自衛隊の施設ができた。
→関連項目横須賀[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くりはま【久里浜】

神奈川県横須賀市南東部の地名。1853年ペリーが上陸した地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久里浜
くりはま

神奈川県横須賀(よこすか)市の南東部、浦賀水道に面する久里浜港を中心とする地区。旧久里浜村。JR横須賀線、京浜急行電鉄久里浜線、国道134号、それに千葉県金谷(かなや)港へフェリーボートと伊豆大島航路が通ずる。久里浜湾は千代ヶ崎(ちよがさき)、千駄(せんだ)ヶ崎に囲まれ、市街地は平作(ひらさく)川河口部に形成された砂丘に立地。ここは三浦、房総(ぼうそう)両半島の連絡舟運の基地をなし、古くは1180年(治承4)に、源頼朝(よりとも)の石橋山の挙兵に呼応して衣笠(きぬがさ)城に拠(よ)って敗れた三浦氏の将士が房州へ渡った地として知られる。江戸初期には江戸の砂村新左衛門が砂丘の内側の潟湖(せきこ)を干拓して内川新田を造成。1853年(嘉永6)にはペリーが浦賀へ来航し、久里浜に上陸。その地はいま公園となり記念碑と記念館がある。久里浜は第二次世界大戦中は広く軍用地にされていたが、戦後、その跡地は学校、博物館、工業用地、住宅地などに転用、久里浜緑地(くりはま花の国)、自衛隊駐屯(ちゅうとん)地もある。海岸には漁港と水産加工工場がつくられ、埋立地に火力発電所がある。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久里浜の言及

【横須賀[市]】より

浦賀水道をはさんで房総半島に対する。1907年横浜市に次いで県内2番目に市制をしき,1933年海軍からの要請で,隣接の田浦町,衣笠(きぬかさ)村を合併,その後も久里浜村,逗子町,浦賀町などを合併して市域を拡大し,第2次大戦後,50年に逗子が分離・独立し,現在の市域となった。人口43万2193(1995)。…

※「久里浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久里浜の関連キーワードペリー(Matthew Calbraith Perry)京浜急行電鉄(株)神奈川県横須賀市金谷(千葉県)大島(東京都)佐藤 吉五郎横須賀(市)横須賀[市]しらはま丸三浦(市)国立療養所井戸弘道ねじれ腸茅山貝塚横須賀港河野裕明合原義訓不良少年養護学校三浦海岸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久里浜の関連情報