樹病学(読み)じゅびょうがく(英語表記)forest pathology

世界大百科事典 第2版の解説

じゅびょうがく【樹病学 forest pathology】

樹木の病気とその防除を研究対象とする一学問分野。
樹病概念および研究史]
 1882年ドイツのハルチヒR.Hartigの著書《樹病教科書Lehrbuch der Baumkrankheiten》によってはじめて独立の学問分野として体系づけられた。日本では95年東京大学で樹病学の講義が開始され,現在林学科を有する大学では必修の学科であるが,独立の講座はない。森林病理学ともいうが,林木だけでなく広く緑化樹木野生木本植物をも対象に含める樹病学が定着してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android