樺島勝一(読み)かばしま かついち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺島勝一 かばしま-かついち

1888-1965 大正-昭和時代前期の挿絵画家。
明治21年7月21日生まれ。大正11年(1922)朝日新聞社に入社。東風人の名で織田小星作の「正チャンの冒険」の絵を「アサヒグラフ」「朝日新聞」に連載。写実的で細密なペン画で「少年倶楽部(クラブ)」に冒険小説の挿絵をかき,人気をえた。昭和40年5月31日死去。76歳。長崎県出身。本名は椛島(かばしま)勝一。代表作に「敵中横断三百里」「吼(ほ)える密林」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樺島勝一
かばしまかついち
(1888―1964)

挿絵画家、ペン画家。椛島(かばしま)とも書く。佐賀県蓮池(はすいけ)町生まれ。鹿児島市で育ち、高等商業学校に学んだが、生来の吃音(きつおん)のため、ことばに頼らなくてすむ画家の道を選んだ。大正末期、東京朝日新聞社の専属画工として織田小星との共作絵物語『正(しょう)チャンの冒険』で登場、昭和期には雑誌『少年倶楽部(くらぶ)』を中心に密描によるペン画の一枚絵および挿絵を発表、人気を得た。著書に『ペン画の描き方』(1926)がある。[上笙一郎]
『『樺島勝一ペン画集』(1971・講談社) ▽『樺島勝一画集』(1975・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樺島勝一の関連情報