コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺島勝一 かばしま かついち

2件 の用語解説(樺島勝一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺島勝一 かばしま-かついち

1888-1965 大正-昭和時代前期の挿絵画家。
明治21年7月21日生まれ。大正11年(1922)朝日新聞社に入社。東風人の名で織田小星作の「正チャンの冒険」の絵を「アサヒグラフ」「朝日新聞」に連載。写実的で細密なペン画で「少年倶楽部(クラブ)」に冒険小説の挿絵をかき,人気をえた。昭和40年5月31日死去。76歳。長崎県出身。本名は椛島(かばしま)勝一。代表作に「敵中横断三百里」「吼(ほ)える密林」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樺島勝一
かばしまかついち
(1888―1964)

挿絵画家、ペン画家。椛島(かばしま)とも書く。佐賀県蓮池(はすいけ)町生まれ。鹿児島市で育ち、高等商業学校に学んだが、生来の吃音(きつおん)のため、ことばに頼らなくてすむ画家の道を選んだ。大正末期、東京朝日新聞社の専属画工として織田小星との共作絵物語『正(しょう)チャンの冒険』で登場、昭和期には雑誌『少年倶楽部(くらぶ)』を中心に密描によるペン画の一枚絵および挿絵を発表、人気を得た。著書に『ペン画の描き方』(1926)がある。[上笙一郎]
『『樺島勝一ペン画集』(1971・講談社) ▽『樺島勝一画集』(1975・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樺島勝一の関連キーワード五十嵐鉄犬塚惟重大森研造小野重行古賀愛子小林寛治佐藤実杉村鎮夫鈴木ひでる山口義一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樺島勝一の関連情報