コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深尾須磨子 ふかおすまこ

7件 の用語解説(深尾須磨子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深尾須磨子
ふかおすまこ

[生]1888.11.18. 兵庫
[没]1974.3.31. 東京
詩人。京都菊花高等女学校卒業。与謝野晶子に師事して第2期『明星』に参加。処女詩集『真紅の溜息』 (1922) はやや感傷的だが,封建的なモラルを拒む女の情熱をうたっている。その後,抒情と知性の統一を目指しながら機知に富む社会批判をモチーフに加えるなど,詩風の変化がみられ,『牝鶏の視野』 (30) ,『永遠の郷愁』 (46) などの詩集を出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふかお‐すまこ〔ふかを‐〕【深尾須磨子】

[1888~1974]詩人。兵庫の生まれ。京都菊花高女卒。与謝野晶子に師事し、第二次「明星」で活躍。戦後は、平和運動婦人運動にも尽力した。詩集に「真紅の溜息」「牝鶏の視野」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

深尾須磨子【ふかおすまこ】

詩人。兵庫県出身。京都菊花高女卒。32歳で夫深尾贇之丞(ひろのすけ)と死別。1921年夫の遺稿詩集《天の鍵》に自作を収録してから詩人の道に踏み出し,与謝野晶子に師事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深尾須磨子 ふかお-すまこ

1888-1974 明治-昭和時代の詩人。
明治21年11月18日生まれ。大正10年夫深尾贇之丞(ひろのすけ)の遺稿詩集刊行を機に与謝野晶子(よさの-あきこ)に師事。たびたび渡仏して生物学やフルートを,またパリ大のトゥルーズに性科学をまなんだ。戦後は平和運動,婦人運動にもつくす。昭和49年3月31日死去。85歳。兵庫県出身。京都菊花高女卒。旧姓は荻野。詩集に「真紅の溜息(ためいき)」「洋灯(ランプ)と花」など。
【格言など】詩は時代の先頭にたつべきだ。行動のない詩に生命はない

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふかおすまこ【深尾須磨子】

1888‐1974(明治21‐昭和49)
大正・昭和期の詩人。兵庫県に生まれ,京都菊花高等女学校卒業。24歳で深尾贇之丞と結婚したが,32歳で死別。1921年に夫の遺稿詩集《天の鍵》に自作詩を加えて上梓後,第2期《明星》に参加して与謝野晶子に師事。詩集《真紅の溜息》(1925)などを刊行,亡夫への想いを大胆率直にうたった詩で注目された。25~41年の間に3度渡仏してルソーの自然復帰思想に共鳴,詩風も社会・人生風刺へと広がり,《深尾須磨子詩集》(1952)などで激しい文明批判をうたいあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふかおすまこ【深尾須磨子】

1888~1974) 詩人。兵庫県生まれ。第二次「明星」で活躍。またコレットの作品を翻訳し日本に紹介。著「真紅の溜息」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深尾須磨子
ふかおすまこ
(1888―1974)

詩人。本名荻野(おぎの)志げの。兵庫県丹波(たんば)の旧家に生まれる。京都師範学校から転じて京都菊花高等女学校を卒業。結婚したが病気で夫を失い、与謝野晶子(よさのあきこ)に師事し、詩集『真紅の溜息(ためいき)』(1922)、『斑猫(はんみょう)』『呪詛(じゅそ)』『焦躁(しょうそう)』(いずれも1925)等を出版し、たびたび渡欧してパリで生物学やフルートを学び浪漫(ろうまん)的詩情豊かな作品を発表。第二次世界大戦後は『洋燈(らんぷ)と花』(1951)、『深尾須磨子詩集』(1952)のほか多数の著作があり、平和運動、女性運動にも活躍した。[古川清彦]
『『深尾須磨子選集』全3巻(1970・新樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深尾須磨子の関連キーワード上田敏雄緒方昇加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき人見東明方等みゆき正富汪洋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深尾須磨子の関連情報