コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘周太 タチバナシュウタ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘周太 たちばな-しゅうた

1865-1904 明治時代の軍人。
慶応元年9月15日生まれ。東宮武官,戸山学校教官,名古屋地方幼年学校長を歴任。明治37年日露戦争に歩兵第三十四連隊大隊長として出征,8月31日遼陽(りょうよう)の会戦で戦死した。40歳。死後中佐進級,また負傷しながらの奮戦がたたえられて軍神としてあがめられ,神社が創建された。肥前高来郡(長崎県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘周太

没年:明治37.8.31(1904)
生年:慶応1.9.15(1865.11.3)
明治期の陸軍軍人。長崎生まれ。日露戦争の激戦のひとつ遼陽の戦(1904)に歩兵大隊長として臨み戦死。陸軍の軍神第1号とされ中佐に進級,新聞報道などを通じ戦意高揚に利用された。日露戦争後小学校教科書に「橘中佐」が掲載され,軍人の鑑として流布した。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなしゅうた【橘周太】

1865‐1904(慶応1‐明治37)
日露戦争の軍神とされた陸軍軍人。肥前国生れ。1887年陸軍士官学校卒業,91‐95年東宮武官として皇太子に奉仕,1902‐04年名古屋地方幼年学校長として謹直な人格を慕われた。日露戦争に第2軍管理部長として出征,職務上田山花袋ら多くの従軍記者が接してその人格に傾倒し,歩兵第34連隊大隊長として遼陽会戦に戦死すると,軍神橘中佐としてその名が広められた。【大江 志乃夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たちばなしゅうた【橘周太】

1865~1904) 陸軍軍人。中佐。長崎県生まれ。1904年(明治37)日露戦争に従軍、大隊長として遼陽城攻略戦を指揮、首山堡高地で戦死、軍神と称賛された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の橘周太の言及

【石光真清】より

…熊本城下に生まれ,神風連の乱,西南の役での敗残の美質の人々,戦火に翻弄され苦しむ人々を身近に目撃。1883年陸軍幼年学校に入り橘周太(日露戦争時の〈軍神〉)に兄事。89年士官学校卒。…

【軍神】より

…なかでも八幡大神は源氏の人々が格別の崇敬を払ったことから,最も広く軍神として崇拝されてきた。【大原 康男】
[近代日本の軍神]
 戦死した軍人のなかでとくに軍人のかがみとして神格化された存在で,日露戦争時の海軍の広瀬武夫中佐,陸軍の橘周太中佐がその最初であるが,一般兵士に軍神の称が冠せられたことはない。1869年(明治2)に東京九段に招魂社(1879年に靖国神社と改称し別格官幣社に列した)が創建され,戊辰戦争以来の官軍の従軍戦没者全員が祭神として合祀されて以後,従軍戦没者はすべて靖国の神として祭られることになった。…

【橘湾】より

…長崎県南部,長崎半島と島原半島に挟まれた海域。日露戦争で功績があった橘周太中佐(湾岸の千々石(ちぢわ)町出身)の名にちなんで命名された。千々石湾ともいう。…

※「橘周太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橘周太の関連キーワード石光真清明治時代千々石没年指揮橘湾

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android