コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬武夫 ひろせたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広瀬武夫
ひろせたけお

[生]慶応4(1868).5.27. 大分
[没]1904.3.27. 旅順
海軍軍人。旧竹田藩士で裁判官の広瀬重武の次男。 1889年海軍兵学校卒業。横須賀水雷隊艇長 (大尉) ,軍令部出仕,ロシア留学,朝日水雷長 (少佐) などを歴任。 1904年日露戦争の初期,旅順港閉塞作戦を行うことになり,自沈船『福井丸』の指揮官として砲火をおかして目的位置に達した。途中姿が見えなくなった杉野孫七兵曹長を捜すうちに退避が遅れて戦死。死後中佐に進級,軍神として著名になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひろせ‐たけお〔‐たけを〕【広瀬武夫】

[1868~1904]軍人。海軍中佐。大分の生まれ。日露戦争中、旅順港閉鎖にあたり、自沈船の福井丸を指揮し、行方不明の杉野孫七兵曹長を退避の最後まで捜すうち、ボート上で被弾戦死。軍神とうたわれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

広瀬武夫【ひろせたけお】

海軍軍人。豊後(ぶんご)国竹田(たけた)町生れ。日露戦争に従軍し,旅順口閉塞作戦でゆくえ不明となった部下の杉野孫七を捜しているときに戦死。死後少佐から中佐になり〈軍神〉とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬武夫 ひろせ-たけお

1868-1904 明治時代の軍人。
慶応4年5月27日生まれ。広瀬勝比古の弟。ロシアに留学後,ロシア駐在武官となる。戦艦朝日の水雷長として日露戦争に従軍。第2回旅順港閉塞(へいそく)作戦で福井丸を指揮,同船の沈没間際まで行方不明の部下杉野孫七をさがしつづけ明治37年3月27日戦死。37歳。死後中佐となり,軍神とたたえられた。豊後(ぶんご)(大分県)出身。海軍兵学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

広瀬武夫

没年:明治37.3.27(1904)
生年:明治1.5.27(1868.7.16)
明治期の海軍軍人。竹田藩(大分県竹田市)の藩士で裁判官広瀬重武の次男。兄勝比古は海軍少将。「朝日」の水雷長から日露戦争(1904)初頭の旅順港閉塞作戦に志願し,37歳で戦死。特別な功績はないが,海軍の軍神第1号にされ士気高揚に利用された。軍人の鑑として小・中学校教科書に登場,「広瀬中佐の歌」は広く流布した。<参考文献>田中宏巳「小笠原長生の『軍神製造』演出ノート」(『新潮45』1985年5月号)

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろせたけお【広瀬武夫】

1868‐1904(明治1‐37)
明治期の海軍軍人で,日露戦争の軍神とされた。大分県生れ。1889年海軍兵学校卒業(第15期),97年ロシア留学,次いで同駐在武官,少佐となり,1902年帰国,戦艦〈朝日〉水雷長。日露開戦後第1回旅順閉塞隊に参加。第2回にも福井丸を指揮して参加し,乗船がロシア駆逐艦の魚雷と自爆によって沈没しかかり,退船しようとしたとき,上等兵曹杉野孫七がいないのに気づき,単身船内を捜索ののち端舟に移り引き揚げるとき,砲弾の直撃をうけ一片の肉片を残しただけで戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひろせたけお【広瀬武夫】

1868~1904) 海軍軍人。中佐。大分県生まれ。1897年(明治30)から1902年まで滞欧。日露戦争旅順港閉塞作戦で福井丸を指揮した。退船の際、行方不明の部下杉野孫七上等兵曹を捜索したが発見できず、引き上げる途中ボート上で被弾戦死。軍神とされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広瀬武夫
ひろせたけお
(1868―1904)

海軍軍人。大分県出身。1889年(明治22)海軍兵学校卒業。1897年ロシア留学、1899年ロシア駐在武官となり、1902年(明治35)戦艦「朝日」の水雷長となる。日露戦争開戦後の1904年3月、ロシア海軍の根拠地旅順(りょじゅん)港の汽船による閉塞(へいそく)戦に参加して戦死し、中佐に進級。その最期は文部省唱歌『広瀬中佐』により歌い広められ、国定教科書にも登場するなど軍神として聖化され、軍国主義イデオロギー鼓吹のためのかっこうの材料にされた。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の広瀬武夫の言及

【軍神】より

…なかでも八幡大神は源氏の人々が格別の崇敬を払ったことから,最も広く軍神として崇拝されてきた。【大原 康男】
[近代日本の軍神]
 戦死した軍人のなかでとくに軍人のかがみとして神格化された存在で,日露戦争時の海軍の広瀬武夫中佐,陸軍の橘周太中佐がその最初であるが,一般兵士に軍神の称が冠せられたことはない。1869年(明治2)に東京九段に招魂社(1879年に靖国神社と改称し別格官幣社に列した)が創建され,戊辰戦争以来の官軍の従軍戦没者全員が祭神として合祀されて以後,従軍戦没者はすべて靖国の神として祭られることになった。…

※「広瀬武夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広瀬武夫の関連キーワード中尾 都山(初代)旅順港口閉塞島田 謹二旅順攻略近藤真琴正気の歌橘 周太橘周太伴野朗滞欧

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広瀬武夫の関連情報