コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘夫人念持仏厨子 たちばなふじんねんじぶつずし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘夫人念持仏厨子
たちばなふじんねんじぶつずし

光明皇后の母である橘夫人の念持仏を納めた厨子と伝えられる。奈良時代 (8世紀初) の作で国宝。高さ 2.63m。もと法隆寺金堂内に安置されていたが,現在は同宝蔵殿にある。精巧な金銅阿弥陀三尊像を厨子内に納め,背後には透かし彫光背と供養菩薩を浮彫にした背障を置く。厨子の屋根は金堂の天蓋と似ており,四方の扉には仏,菩薩,梵天,帝釈,四天王などを線描で描き,須弥座の周囲には蓮池から諸菩薩が現れるさま,両側には羅漢像を描く。彫刻,絵画,工芸が一体となった傑作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

橘夫人念持仏厨子【たちばなふじんねんじぶつずし】

法隆寺蔵の厨子で,なかに橘夫人(橘三千代)の念持仏であった金銅阿弥陀三尊像を安置する。厨子,像ともに奈良時代の作。屋蓋の形式は法隆寺金堂内部の天蓋に似,龕身(がんしん)四方の扉(とびら)と須弥(しゅみ)座に描かれた絵は法隆寺金堂壁画の手法に近い。
→関連項目法隆寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

橘夫人念持仏厨子の関連キーワード光明皇后宝相華文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘夫人念持仏厨子の関連情報