コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類聚歌林 ルイジュカリン

4件 の用語解説(類聚歌林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

るいじゅかりん【類聚歌林】

奈良時代の歌集。山上憶良編。成立年未詳。万葉集編纂(へんさん)の資料として用いられたが、現存しない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

るいじゅうかりん【類聚歌林】

奈良朝初期の歌書。万葉歌人山上憶良が東宮(のちの聖武天皇)に進講する目的で古今の和歌に制作事情の解説を付し,中国の《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》にならって編纂したものか。《万葉集》巻一・二・九の9ヵ所にわたる引用記事によって片鱗がうかがえる。市原王書写の歌林7巻,用紙128張との記録(正倉院文書)もあり,《袋草子》《八雲御抄》などに法成寺また平等院に蔵すると記録されているが,今は伝わらない。【井村 哲夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

るいじゅかりん【類聚歌林】

歌集。山上憶良編。成立年未詳。万葉集編纂の資料とされ、集中にその名がみられるが、鎌倉時代以後に散佚。天武天皇頃以後の歌謡を、作者や作歌事情を考証し、分類して集めたものと推定される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

類聚歌林
るいじゅうかりん

山上憶良(やまのうえのおくら)編の歌集。平安時代末ごろまでは伝わっていたようだが(『八雲御抄(やくもみしょう)』など)、現在は『万葉集』に作者や作歌事情に関する参考資料として引用されている断片的な文章が九か所に残っているのみなので、全容は不明。成立は、憶良が皇太子(後の聖武(しょうむ)天皇)の侍講者となった721年(養老5)以後数年の間か。巻数不明。「歌林七巻」(正倉院文書)が本書なら七巻となる。なんらかの基準による分類が施され『日本書紀』『風土記(ふどき)』その他の文献を使って作歌事情を考証している。収録歌は『万葉集』でみる限りでは天皇・皇族の歌や行幸従駕(ぎょうこうじゅうが)歌などの宮廷関係歌、作者名も公的作者名を記す。そこで皇太子献上用の書とする説もある。[遠藤 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone