コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風袋 フウタイ

4件 の用語解説(風袋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふう‐たい【風袋】

はかりで物の重さを量るとき、それを入れてある容器・袋・箱など。「―こみの目方」
実質に対しての外観。うわべ。見かけ。「―ばかりりっぱな人」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風袋【ふうたい】

商品の外装品や容器,またはその重量。商品の売買には風袋を含めた皆掛(みながけ)(総量)と,皆掛から風袋を引いた正味(しょうみ)(純量)がある。計量法では,法定計量単位で表記するには,正味量による定めになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふうたい【風袋】

物の重さを量るときの、その物のはいっている容器・包み紙など。また、その重量。 「 -ぬきの重さ」
外観。みかけ。 「 -ばかり大きくても、…内容に乏しい、信切な忠告なんぞは/平凡 四迷

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風袋
ふうたい
tare

原意は商品の容器や包装材であるが、取引用語としてはその重量をいう。中身だけの重量を正味(しょうみ)といい、風袋と正味の合計を皆掛(みなかけ)とよぶ。風袋の決め方には、〔1〕個々の風袋を実際に計算する実際風袋、〔2〕全体のなかの数個の風袋を計量し、その平均値をもって風袋とする平均風袋、〔3〕取引商品の風袋が一般に知られているとき、個々に計量しないでそれに従う慣習風袋、〔4〕取引に際して当事者が協議して推定する算定風袋などがある。商品を重量単位で取引する場合には、皆掛によるときと正味によるときとがある。また、計量法に定める法定計量単位により商品を販売する者は、正味を表記しなければならず、違反すると懲役・罰金等に処せられる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風袋の関連キーワード登録商標クロスセル出庫・入庫慣習風袋総重量恒量内容量取引信用保険エクステリア商品発送費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風袋の関連情報