コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武村耕靄 たけむら こうあい

1件 の用語解説(武村耕靄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武村耕靄 たけむら-こうあい

1852-1915 明治-大正時代の教育者,画家。
嘉永(かえい)5年1月生まれ。春木南溟(なんめい)に日本画を,川上冬崖(とうがい)に洋画をまなぶ。女子高等師範(現お茶の水女子大)教授となり,英語と絵画をおしえる。自作の絵をもちいて図画教科書をつくった。大正4年6月6日死去。64歳。江戸出身。共立女学校卒。本名は千佐子。別号に玉蘭軒。作品に「牡丹(ぼたん)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武村耕靄の関連キーワード高校野球マクドナルド河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里科学史

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone