コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田久吉 たけだ ひさよし

3件 の用語解説(武田久吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田久吉 たけだ-ひさよし

1883-1972 明治-昭和時代の登山家,植物学者。
明治16年3月2日生まれ。アーネスト=サトーの次男。明治38年小島烏水(うすい)らと日本山岳会を設立。第6代日本山岳会会長,初代日本山岳協会会長などをつとめた。京都,九州,北海道の3帝大で植物学をおしえ,尾瀬沼の紹介者としても知られる。昭和47年6月7日死去。89歳。東京出身。イギリス王立理科大卒。著作に「尾瀬と鬼怒(きぬ)沼」「民俗と植物」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たけだひさよし【武田久吉】

1883~1972) 植物学者・登山家。アーネスト=サトーの子。東京生まれ。日本自然保護協会・日本山岳会・日本山岳協会などの会長を歴任。尾瀬を愛し、その保護につとめた。著「尾瀬と鬼怒沼」「尾瀬」「民俗と植物」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武田久吉
たけだひさよし
(1883―1972)

植物学者、登山家。イギリス外交官アーネスト・サトーの二男として東京で生まれる。東京外国語学校ロンドン大学バーミンガム大学に学ぶ。中学時代、植物研究から博物学同志会に参加。さらに1905年(明治38)同志とともに日本山岳会を創立した。日本各地の山に登り、高山植物の研究を行い、とくに尾瀬の発見者、保護者として知られる。『尾瀬と鬼怒(きぬ)沼』『原色高山植物図鑑』などを著した。京都大学、北海道大学、九州大学で植物学を講じた。第6代日本山岳会会長、初代日本山岳協会会長。昭和45年には秩父宮(ちちぶのみや)記念学術賞も受けた。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の武田久吉の言及

【サトー】より

…学者,外交官のサトーに著述は多いが,日本研究では《日本耶蘇会刊行書志The Jesuit Mission Press in Japan,1591‐1610》(1888),外交史の研究では1917年に初版が刊行され,現在改訂第5版が出ている《外交実務案内Satow’s Guide to Diplomatic Practice》(1979)が代表的なものである。その子武田久吉(1883‐1972)は植物学者で,小島烏水らと日本山岳会を創設,尾瀬沼の保護につとめたことで知られる。【萩原 延寿】。…

※「武田久吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

武田久吉の関連キーワードアルマン条約電気事業堀内恒夫東映(株)日中関係高田保馬田中角栄内閣頭脳警察あがた森魚日本赤軍

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武田久吉の関連情報