コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯肉から出血したときの対応 しにくからしゅっけつしたときのたいおう

1件 の用語解説(歯肉から出血したときの対応の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しにくからしゅっけつしたときのたいおう【歯肉から出血したときの対応】

 とにかく清潔なガーゼか綿で出血部位をしっかり押さえることです。出血部位に親指程度の大きさのガーゼなどを置き、しっかりかんで押さえます。もちろん、ハンカチタオルでも結構ですが、ティッシュペーパーはだめです。
 口の中からの出血は唾液(だえき)が加わりますので、実際よりも多く出血しているように見えます。気持ちがあせり、頻繁(ひんぱん)にガーゼを換えると止血が長引きます。15分以上はじっと押さえないと止血しません。
 口の奥で出血すると、のどに流れやすく、気管に入り窒息(ちっそく)する危険があります。横になり、くびを横にむけてのどの奥に流れないようにします。
 まず精神的に落ち着くようにつとめ、安静にして血圧を下げます。止血してもすぐには運動や、風呂(ふろ)に入ったり、飲酒をしてはいけません。
 歯肉出血の多くは歯周炎(ししゅうえん)(コラム歯肉炎と歯周炎」)が原因ですが、白血病(はっけつびょう)の初期症状の大部分が歯肉出血で、血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)や血友病(けつゆうびょう)などの血液疾患、糖尿病や肝硬変(かんこうへん)などでもみられるので、原因を調べることが重要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

歯肉から出血したときの対応の関連キーワードかにもかくにも鯨鯢の顎にかくとにかくに内出血明窓浄机真綿で首を締めるヤンガーゼネレーション出血性大腸炎ATPアーゼ鼻出血 (epistaxis, nasal bleeding, nasal hemorrhage)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone