歴史修正主義(読み)れきししゅうせいしゅぎ

百科事典マイペディア「歴史修正主義」の解説

歴史修正主義【れきししゅうせいしゅぎ】

客観的な歴史学の成果によって確定した事実を全体として無視し,自分のイデオロギーで過去の出来事を都合良く解釈したり,誇張や捏造された〈事実〉を歴史として主張する立場を批判する際に用いられる概念。第2次大戦時のナチスドイツによるホロコースト否定や,日中戦争における南京事件そのものを存在しなかったとするような主張がこれに当たる。新しく発見された史料に基づく解釈や,既存の知識を再解釈することにより,歴史を叙述し直すことは歴史学研究が行う当然の努力であり,そうした試みについては通常この概念は用いない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「歴史修正主義」の解説

れきししゅうせい‐しゅぎ〔レキシシウセイ‐〕【歴史修正主義】

歴史に関する定説や通説を再検討し、新たな解釈を示すこと。
一般的な歴史認識とは異なる解釈を主張する人、またそうした言動を否定的にいう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android