コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史修正主義 れきししゅうせいしゅぎ

3件 の用語解説(歴史修正主義の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

れきししゅうせいしゅぎ【歴史修正主義】

ある歴史的事象について定着している評価を一面的とし、その見直しを要求する理論的態度。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れきししゅうせい‐しゅぎ〔レキシシウセイ‐〕【歴史修正主義】

歴史に関する定説や通説を再検討し、新たな解釈を示すこと。
一般的な歴史認識とは異なる解釈を主張する人、またそうした言動を否定的にいう語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

歴史修正主義【れきししゅうせいしゅぎ】

客観的な歴史学の成果によって確定した事実を全体として無視し,自分のイデオロギーで過去の出来事を都合良く解釈したり,誇張や捏造された〈事実〉を歴史として主張する立場を批判する際に用いられる概念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史修正主義の関連情報