コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子神信仰 ぼししんしんこう

1件 の用語解説(母子神信仰の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼししんしんこう【母子神信仰】

母子像に宿る聖なる呪力を信じ,それを祭祀の対象とする事例は,世界各地にひろくみられる。その代表的モティーフは,幼児に授乳する母親の姿をかたどったものである。このモティーフは古代オリエントや古代インドはもとより,中南米のプレ・コロンビア期の土器,あるいはヨルバ族アシャンティ族など西アフリカ諸族の彫像などにみられる。もう一つの重要なモティーフは,死んだ子どもを抱く母親である。死んだキリストを抱く聖母マリアの像(ピエタ)はその典型である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

母子神信仰の関連キーワード稲魂神は正直の頭に宿る健全なる精神は健全なる身体に宿る言霊祭祀呪力拝物教母子耳を信じて目を疑うオスンオソボ聖林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone