コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子神信仰 ぼししんしんこう

1件 の用語解説(母子神信仰の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼししんしんこう【母子神信仰】

母子像に宿る聖なる呪力を信じ,それを祭祀の対象とする事例は,世界各地にひろくみられる。その代表的モティーフは,幼児に授乳する母親の姿をかたどったものである。このモティーフは古代オリエントや古代インドはもとより,中南米のプレ・コロンビア期の土器,あるいはヨルバ族アシャンティ族など西アフリカ諸族の彫像などにみられる。もう一つの重要なモティーフは,死んだ子どもを抱く母親である。死んだキリストを抱く聖母マリアの像(ピエタ)はその典型である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone