コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毎日映画コンクール まいにちえいがこんくーる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毎日映画コンクール
まいにちえいがこんくーる

第二次世界大戦後の1946年(昭和21)に、大衆娯楽である映画文化の育成を通じて、荒廃した国土にあえぐ人々を勇気づけ、日本の復興を支援する目的で創設された映画賞。主催は毎日新聞社および系列のスポーツニッポン新聞社。前身は第二次世界大戦前の「全日本映画コンクール」(東京日日新聞社主催)。第1回コンクール賞(現在の日本映画大賞)は、明朗な喜劇映画である『或(あ)る夜の殿様』(衣笠貞之助(きぬがさていのすけ)監督、東宝)が、大衆賞とあわせて受賞した。2011年(平成23)の時点で、作品部門(大賞・日本映画・外国映画)、監督・脚本賞、俳優部門(男女優主演・助演・新人等)、スタッフ部門(撮影・美術・音楽・録音)、ドキュメンタリー部門、アニメーション部門、ファン賞(日本映画・外国映画)、特別賞の各部門が設けられている。長らく外国映画は対象外であったが、日本映画の国際化も影響し、1982年に外国映画ベストワン賞が創設されて選考対象となった。各部門の最多受賞者は、作品部門が黒澤明(くろさわあきら)、監督賞が山田洋次(やまだようじ)、脚本賞が橋本忍(はしもとしのぶ)、俳優部門が田中絹代(たなかきぬよ)、スタッフ部門が武満徹(たけみつとおる)である。各賞は基本的に、映画評論家や記者等の選考委員による討議・投票で決定されるが、作品・俳優部門は、公募の学生選考委員による投票も加味される。特色ある賞として、教育文化映画賞(1949年創設)とニュース映画賞(1951年創設)の伝統を引き継いだドキュメンタリー映画賞、実験的なアニメーション映画の製作者を表彰する大藤信郎(おおふじのぶろう)賞、偉大な実績を挙げた女優に与えられる田中絹代賞がある。[上田 学]
『『毎日グラフ別冊 日本映画40年』(1986・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毎日映画コンクールの関連キーワードCHECKERS in TAN TAN たぬきウルトラミラクルラブストーリーKAMIKAZE TAXIこの世の外へ クラブ進駐軍いつかギラギラする日野菊の如き君なりき遥かな時代の階段をひき逃げファミリーアトランタ・ブギ8月のクリスマススパイ・ゾルゲ海軍特別年少兵いこかもどろか天然コケッコー君が青春のとき劔岳 点の記或る夜の殿様一枚のハガキ助太刀屋助六小泉今日子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毎日映画コンクールの関連情報