コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒グモ どくグモtoxic spider; poisonous spider

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒グモ
どくグモ
toxic spider; poisonous spider

人に致命的あるいは激しい症状を起させる強毒をもつクモ類の総称で,分類学的なまとまりはない。クモ類は世界に3万 5000種以上いるといわれ,ほとんどの種が牙から毒を出すが,人間に作用する成分の毒をもつものはわずか 30種程度である。特に有名なのはクロゴケグモセアカゴケグモなどのゴケグモ類で,アメリカを中心に熱帯および温帯地方に広く分布している。このほか,アメリカ産のイトグモの仲間 Loxosceles reclusaやオーストラリア産のシドニージョウゴグモ Atrax robustusなど強い毒性をもつものが知られている。日本産としては在来種のカバキコマチグモ毒性が比較的強く刺咬症例も報告されているが,死亡例はない。しかし,オーストラリアから人為移入により侵入したセアカゴケグモが関西地方に定着し,社会問題になったことがある。コモリグモが古くからドクグモと呼ばれてきたが,毒性は弱く,現在その名称は廃止されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

毒グモ【どくグモ】

普通はドクグモ科のコモリグモをさすが,これには人に危害を与えるような毒性はない。毒性の強いクモとしてはヒメグモ科のゴケグモ類が最も有名。ユーラシア,北米に分布し,毒ヘビにかまれたような症状を呈し,死ぬこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

毒グモの関連キーワードLoxosceles reclusaAtrax robustus毒グモによる中毒ハイイロゴケグモ毒グモ(毒蜘蛛)集団ヒステリー特定外来生物タランチュラウィンダム黒後家蜘蛛タランテラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毒グモの関連情報