コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒物及び劇物取締法 どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう

6件 の用語解説(毒物及び劇物取締法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒物及び劇物取締法
どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう

昭和 25年法律 303号。医薬品および医薬部外品以外の毒物および劇物について,保健衛生上の見地から必要な取締りを行うことを目的とする法律。毒物とは,黄リン,水銀,ヒ素など 27種の薬品およびこれらを含有する製剤その他の毒性を有する物であって政令で定めるもので,劇物とは,硝酸,硫酸など 93種の薬品とそれを含む物で政令で定めるものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どくぶつおよびげきぶつとりしまり‐ほう〔‐ハフ〕【毒物及び劇物取締法】

毒物劇物について、保健衛生上の見地から必要な取り締まりを行うことを目的として定められた法律。登録・許可を受けた者以外の製造・輸入・販売を禁止するなどの規制を定めた法律。昭和25年(1950)成立。毒劇法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

毒物及び劇物取締法【どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう】

医薬品・医薬部外品を除く毒物および劇物に関して保健衛生上の見地から取り締まる法規(1950年)。毒物・劇物を法定し,その製造・輸入・販売の営業を登録制とし,取扱責任者,取扱,表示,譲渡等につき規定。
→関連項目カドミウムイエロー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう【毒物及び劇物取締法】

毒物および劇物について,保健衛生上の見地から必要な取締りを行うことを目的とする法律。1950年公布。 〈毒物〉〈劇物〉とは,それぞれこの法律の別表第1・第2に掲げられた物で医薬品および医薬部外品以外のものをいい(2条。毒物は黄リン,ヒ素など,劇物はクロロホルムアンモニアなどがあげられている),その販売・授与および販売・授与の目的をもった製造,輸入,貯蔵,運搬,陳列等の行為は,厚生大臣または都道府県知事の登録を受けた製造,輸入,販売の毒物劇物営業者に限って許されている(3,4条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう【毒物及び劇物取締法】

医薬品・医薬部外品を除く毒物・劇物について、保健衛生上の見地から必要な取り締まりを行うことを目的とした法律。1950年(昭和25)制定。毒劇物取締法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒物及び劇物取締法
どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう

保健衛生上の見地から毒物および劇物について必要な取締りをする法律。昭和25年法律第303号。毒物および劇物の製造、輸入、販売の営業を登録制とし、薬剤師など一定の資格を必要とする取扱い責任者を置くほか、取扱い、譲渡などについて厳重な規制が設けられている。なお、1955年(昭和30)に追加、83年の一部改正によって、興奮、幻覚または麻酔の作用を有する毒物または劇物(これらを含有するものも含む)であって政令で定めるものは、みだりに摂取、吸入し、またはこれらの目的で所持することが禁止、処罰されることになり、また1972年の追加条項によって、引火性、発火性、爆発性のある毒物または劇物であって政令で定めるものも、業務その他正当な理由による場合を除いて所持することが、同様に禁止、処罰されることになっている。
 この法律でいう毒物および劇物というのは、医薬品(毒薬および劇薬)以外の毒性の強いものをさし、毒物はこの法律の別表第1、劇物は同じく別表第2、また特定毒物は同じく別表第三に掲げたものをいう。そのおもなものを示すと、毒物には黄リン、クラーレ、シアン化水素、シアン化ナトリウム、水銀、ヒ素、フッ化水素、ニコチン、パラチオンなど、劇物にはアクリルニトリル、アニリン、アンモニア、塩化水素、過酸化水素、カリウム、クレゾール、クロロホルム、四塩化炭素、シュウ酸、臭素、硝酸、水酸化ナトリウム、ナトリウム、ニトロベンゼン、二硫化炭素、発煙硫酸、ホルムアルデヒド、メタノール、ヨウ素、硫酸、リンデン、PCPなど、特定毒物には四アルキル鉛、モノフルオール酢酸などが含まれている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の毒物及び劇物取締法の言及

【青酸中毒】より

…シアン化合物はめっき,冶金,種々の化学物質の製造などに用いられており,産業中毒として発生するが,近年,工場排水による水汚染,自動車の排ガスによる大気汚染,新建材などの燃焼によるシアンガスの発生などが問題となっている。また,自殺・他殺などに用いられることもあり,毒物及び劇物取締法(1950制定)により,シアン化合物の輸入,製造,販売,管理などについては,厳しく規制されている。【溝口 勲】。…

※「毒物及び劇物取締法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毒物及び劇物取締法の関連キーワードと畜場法藤田保健衛生大学劇物身体検査大麻取締法毒劇法週刊保健衛生ニュース商業的無菌毒物劇物取扱責任者衛生研究所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毒物及び劇物取締法の関連情報