コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛抜き/鑷 ケヌキ

デジタル大辞泉の解説

け‐ぬき【毛抜き/×鑷】

毛・とげなどをはさんで抜き取る金属製の道具。U字形で、先端がぴったり合わさるように内側に曲げてある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けぬき【毛抜き】

古くは鑷,鑷子とも書いた。エジプト第1王朝期ではすでに毛抜きが存在し,紀元前後以降は世界各地で使用されていた。日本でも後期古墳の副葬品として発見されている。江戸時代以前は剃刀かみそり)は僧侶の剃髪に用いられ,一般に頭髪,眉(まゆ),鼻毛,鬚(あごひげ)を抜くのには毛抜きが用いられた。《枕草子》には,〈ありがたきもの〉として〈毛のよく抜くるしろがねの毛抜〉がみえており,銀製が珍重されたようであるが,一般には青銅製が多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

毛抜き/鑷の関連キーワード毛抜き形の太刀笹巻き毛抜き鮨アイストング衛府の太刀毛抜き合せ書院毛抜き津田休甫七つ道具笹巻き鮨毛抜き鮨毛引き十八物脱毛法ふとん髪結い救急箱羽織髪形和裁咬合

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android