毛生薬(読み)けはえぐすり

百科事典マイペディアの解説

毛生薬【けはえぐすり】

毛根を刺激し毛髪の発生を促す。一般にヘアトニックとよばれるもの。レゾルシンサリチル酸カンフルメントール,アルコールなどの混液や,性ホルモン,ヒノキチオールなどが用いられるが,はげの特効薬として有効といえるものはほとんどない。毛根のない部分には植毛植毛術)が,病気に起因する脱毛には原因療法が必要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けはえぐすり【毛生薬】

頭髪の脱毛防止と養毛を目的とする化粧品および医薬部外品(薬用養毛剤)の慣用名で,現在はヘアトニックと呼ばれているもの。トニックは強壮にするという意味で,頭髪に清涼感をあたえるエチルアルコールやメントール,頭皮を刺激し発毛を促進するトウガラシチンキなどのチンキ類,ふけ,かゆみをおさえるレゾルシンや抗ヒスタミン剤,そのほかホルモンやビタミン類などが配合されている。古代エジプト以来,蛇の油やタマネギの汁を塗ったりして発毛を促した記録は多いが,ヨーロッパでは17世紀に入るとかつら)が流行したのでその必要性は少なくなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けはえ‐ぐすり【毛生薬】

〘名〙 毛を生えさせるための薬。
※雑俳・幸々評万句合‐安永二(1773)情二「おんみつで毛はへ薬を買にやり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android