コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水晶島 すいしょうとう

7件 の用語解説(水晶島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水晶島
すいしょうとう

北海道根室半島の東端,納沙布 (のさっぷ) 岬東方約 9kmにある島。面積 21km2。歯舞 (はぼまい) 諸島の1つである。地質構造的には根室半島の延長にあたる中生代白亜紀層で,標高 18m以下の低平な台地状の地形を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すいしょう‐じま〔スイシヤウ‐〕【水晶島】

歯舞群島西部の島。第二次大戦後はソ連、のちにロシア連邦の統治下。かつてはコンブ・カニ・タラなどの漁獲基地だった。納沙布岬から肉眼で見ることができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水晶島【すいしょうとう】

北海道東部,歯舞(はぼまい)諸島(2008年3月より歯舞群島中の島。主要島中最も本土に近く,台地状で,面積12.13km2。第2次大戦前約1000人が居住し漁業に従事していたが,戦後ソ連が占領,島民は引き揚げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

水晶島

北海道根室市の歯舞群島を構成する島のひとつ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すいしょうとう【水晶島】

北海道南東部,根室半島最先端の納沙布(のさつぷ)岬から約7kmの海上にある島。歯舞(はぼまい)諸島の一島で,面積約25km2。主として白亜紀の堆積岩からなり,海食面が隆起したきわめて平たんな島で,標高9~18m,立木はほとんどなく,各所に湿地帯が形成されている。第2次世界大戦まで北海道花咲郡歯舞村に属し,コンブ採取,ニシン漁などが行われていたが,1945年8月以降ソ連・ロシアの施政下にある。【岡本 次郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕水晶島(すいしょうとう)


北方領土の歯舞(はぼまい)諸島西部の島。アイヌ民族が歴史的に先住してきた。面積20.0km2。珸瑤瑁(ごようまい)水道を挟み、北海道根室(ねむろ)半島先端の納沙布(のさっぷ)岬とは約7kmの距離で、中間に貝殻(かいがら)島が浮かぶ。大部分が標高10~18mの低平な島で、全島雑草におおわれ湿地が発達。第二次大戦までは根室支庁歯舞村に属し、コンブ漁が盛んだった。1945年(昭和20)、終戦時の人口983。同年9月以降、ソ連(現ロシア)の占領下にあり、日露両国のあいだで「北方領土問題」として懸案となっている。ロシア名はタンフィーリエフ島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水晶島
すいしょうとう

北海道東部、根室(ねむろ)半島納沙布(のさっぷ)岬沖合いにある歯舞(はぼまい)群島中の一島。納沙布岬北東約7キロメートルにあり、面積約14平方キロメートル。1辺約3キロメートルのほぼ正方形の4頂点に翼を張った形をし、隆起海食台地からなる。最高点は標高18メートル。第二次世界大戦終結時(1945)の人口1075。周辺海域はコンブ、ニシン、サケ、マス、ホッキガイ(ウバガイ)などの好漁場。南西に開くボキセンベ湾は好錨地(びょうち)で、税庫前漁村があり島の中心地をなしていた。戦前来、根室支庁(現根室振興局)管内の花咲(はなさき)郡歯舞村に属していたが、戦後1959年(昭和34)に根室市に編入された。しかし戦後は日本の施政権が及ばず、ソ連、その後ロシアが支配してタンフィリエフ島Остров Танфильева /Ostrov Tanfil’eva とよんでいる。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水晶島の言及

【歯舞諸島】より

…第2次大戦前は水晶諸島と呼ばれていた。南西から順に並ぶ水晶島,秋勇留(あきゆり)島,勇留島,志発(しぼつ)島および多楽島の5島と,多くの小島からなる。水晶島と納沙布岬の間の珸瑶瑁(ごようまい)水道は幅約7kmで,本土に最も近い貝殻島との間は約3kmにすぎない。…

※「水晶島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水晶島の関連キーワード秋勇留島貝殻島色丹水道志発島歯舞北方領土の日北方四島多楽島北海道根室市歯舞勇留島

水晶島の関連情報