水晶島(読み)すいしょうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水晶島
すいしょうとう

北海道根室半島の東端,納沙布 (のさっぷ) 岬東方約 9kmにある島。面積 21km2。歯舞 (はぼまい) 諸島の1つである。地質構造的には根室半島の延長にあたる中生代白亜紀層で,標高 18m以下の低平な台地状の地形を呈する。第2次世界大戦前は根室支庁花咲郡歯舞村に属し,1945年当時,人口 1075の漁業集落があった。周囲はコンブやタラの宝庫。 45年ソ連 (現ロシア連邦) が占領。北方領土に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水晶島【すいしょうとう】

北海道東部,歯舞(はぼまい)諸島(2008年3月より歯舞群島)中の島。主要島中最も本土に近く,台地状で,面積12.13km2。第2次大戦前約1000人が居住し漁業に従事していたが,戦後ソ連が占領,島民は引き揚げた。周辺はカニ,コンブ,ホタテガイなどの好漁場で,夏季にコンブ漁船が集まる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいしょうとう【水晶島】

北海道南東部,根室半島最先端の納沙布(のさつぷ)岬から約7kmの海上にある島。歯舞(はぼまい)諸島の一島で,面積約25km2。主として白亜紀の堆積岩からなり,海食面が隆起したきわめて平たんな島で,標高9~18m,立木はほとんどなく,各所に湿地帯が形成されている。第2次世界大戦まで北海道花咲郡歯舞村に属し,コンブ採取,ニシン漁などが行われていたが,1945年8月以降ソ連・ロシアの施政下にある。【岡本 次郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕水晶島(すいしょうとう)


北方領土の歯舞(はぼまい)諸島西部の島。アイヌ民族が歴史的に先住してきた。面積20.0km2。珸瑤瑁(ごようまい)水道を挟み、北海道根室(ねむろ)半島先端の納沙布(のさっぷ)岬とは約7kmの距離で、中間に貝殻(かいがら)島が浮かぶ。大部分が標高10~18mの低平な島で、全島雑草におおわれ湿地が発達。第二次大戦までは根室支庁歯舞村に属し、コンブ漁が盛んだった。1945年(昭和20)、終戦時の人口983。同年9月以降、ソ連(現ロシア)の占領下にあり、日露両国のあいだで「北方領土問題」として懸案となっている。ロシア名はタンフィーリエフ島。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水晶島
すいしょうとう

北海道東部、根室(ねむろ)半島納沙布(のさっぷ)岬沖合いにある歯舞群島(はぼまいぐんとう)中の一島。納沙布岬北東約7キロメートルにあり、面積約14平方キロメートル。1辺約3キロメートルのほぼ正方形の4頂点に翼を張った形をし、隆起海食台地からなる。最高点は標高18メートル。第二次世界大戦終結時(1945)の人口1075。周辺海域はコンブ、ニシン、サケ、マス、ホッキガイ(ウバガイ)などの好漁場。南西に開くボキセンベ湾は好錨地(びょうち)で、税庫前漁村があり島の中心地をなしていた。戦前来、根室支庁(現、根室振興局)管内の花咲(はなさき)郡歯舞村に属していたが、戦後1959年(昭和34)に根室市に編入された。しかし戦後は日本の施政権が及ばず、ソ連、その後ロシアが支配してタンフィリエフ島Остров Танфильева /Ostrov Tanfil’eva とよんでいる。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水晶島の言及

【歯舞諸島】より

…第2次大戦前は水晶諸島と呼ばれていた。南西から順に並ぶ水晶島,秋勇留(あきゆり)島,勇留島,志発(しぼつ)島および多楽島の5島と,多くの小島からなる。水晶島と納沙布岬の間の珸瑶瑁(ごようまい)水道は幅約7kmで,本土に最も近い貝殻島との間は約3kmにすぎない。…

※「水晶島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水晶島の関連情報