コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯舞諸島 ハボマイショトウ

デジタル大辞泉の解説

はぼまい‐しょとう〔‐シヨタウ〕【歯舞諸島】

歯舞群島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

歯舞諸島【はぼまいしょとう】

北海道根室半島沖の諸島水晶島,勇留島,秋勇留島志発島,多楽島が主要島で約102km2。いずれも隆起海食台地からなり低平。漁業資源が豊富であるが,第2次大戦後ソ連が占領,ソ連船による日本漁船の捕獲事件がしばしば起きた。
→関連項目色丹島根室半島納沙布岬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はぼまいしょとう【歯舞諸島】

北海道東端の納沙布(のさつぷ)岬の北東方,色丹(しこたん)島との間に点在する島々。第2次大戦前は水晶諸島と呼ばれていた。南西から順に並ぶ水晶島,秋勇留(あきゆり)島,勇留島,志発(しぼつ)島および多楽島の5島と,多くの小島からなる。水晶島と納沙布岬の間の珸瑶瑁(ごようまい)水道は幅約7kmで,本土に最も近い貝殻島との間は約3kmにすぎない。上記5島はいずれも面積は狭く,最大の志発島が45km2,最小の秋勇留島が5km2である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はぼまいしょとう【歯舞諸島】

北海道の東、根室半島納沙布のさつぷ岬から色丹しこたん島にかけての海域に連なる諸島。付近はコンブなどの好漁場。第二次大戦後はソ連(のちロシア連邦)の占領下にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歯舞諸島
はぼまいしょとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歯舞諸島の関連キーワード千島列島コンブ南千島ソ連海域日本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯舞諸島の関連情報