コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀逸策 こがいっさく

6件 の用語解説(古賀逸策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古賀逸策
こがいっさく

[生]1899.12.5. 佐賀,鳥栖
[没]1982.9.2. 東京
電子工学者。電気通信工学の権威。東京大学電気工学科を卒業 (1923) 。東京工業大学教授 (39~58) ,東京大学教授 (44~60) 。水晶発振器を研究し,1937年東京天文台標準時計となる水晶時計を開発。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こが‐いっさく【古賀逸策】

[1899~1982]電気通信工学者。佐賀の生まれ。東京工大・東大教授。無線送信機に広く用いられた水晶振動子を発明。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀逸策 こが-いっさく

1899-1982 昭和時代の電気通信工学者。
明治32年12月5日生まれ。東京市電気研究所勤務をへて,東京工業大,東京帝大の教授となる。昭和7年に開発した安定度のたかい水晶振動子は,ひろく無線送信機に採用され,水晶時計などに応用される。23年学士院賞。38年文化勲章。昭和57年9月2日死去。82歳。佐賀県出身。東京帝大卒。著作に「圧電気と高周波」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こがいっさく【古賀逸策】

1899‐1982(明治32‐昭和57)
電気工学者で,水晶振動子の研究によって著名。宮城県に生まれ,東京帝国大学工学部電気工学科を卒業した。東京市電気研究所に勤め,次いで1929年には東京工業大学の設立に際して助教授として迎えられた。のち,東京工業大学および東京大学の教授となった。この間32年に,温度係数が0に近い水晶振動子を発明。電波行政にも力を尽くし,東大定年後は国際電信電話株式会社で研究を続けた。63年には文化勲章を受章,76年には学士院会員となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こがいっさく【古賀逸策】

1899~1982) 電気工学者。佐賀県生まれ。東工大・東大教授。水晶の圧電作用を研究。1932年(昭和7)水晶発振器を発明し、無線通信や水晶時計に応用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古賀逸策
こがいっさく
(1899―1982)

電気通信工学者。水晶振動子の研究で知られる。明治32年12月5日佐賀県鳥栖(とす)市に生まれる。1923年(大正12)東京帝国大学電気工学科卒業。1929年(昭和4)東京工業大学設立と同時に同大助教授、1939年同大教授となる。当時、無線通信の急速な発達に伴い、安定度の高い発振装置の開発が要求されており、水晶振動子の研究を開始、1932年に薄板状振動子の厚み振動に関する理論を発表、温度による周波数変動がきわめて小さいRカット式水晶振動子を発明した。これにより、きわめて安定した高周波電気振動を得ることが可能となった。この水晶発振器は広く無線送信機に採用され、また水晶時計などに応用されている。1937年、周波数逓降(ていこう)器を水晶発振器と組み合わせ、東京天文台の水晶時計を製作。1944年から東京帝国大学教授を兼任。1948年(昭和23)水晶発振器の基礎理論と応用についての業績で学士院賞、1963年文化勲章を受けた。[常盤野和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古賀逸策の関連キーワード水晶振動子水晶発振器電気工学大真空青柳栄司荒川文六西健藤高周平東京電波日本電波工業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone