コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永定河 エイテイガ

百科事典マイペディアの解説

永定河【えいていが】

中国,河北省にある海河の五大支流の一つ。長さ約650km。旧名桑乾河,盧溝(ろこう)ともいう。古来氾濫(はんらん)が多く無定河と呼ばれたが,康煕年間改修して名を永定河と改めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいていが【永定河 Yŏng dìng hé】

中国の華北地方を流れる河川。海河水系の五大河川の一つ。盧溝河ともよばれる。源を山西省北西部の管涔山に発し,上流は桑乾河と呼ばれる。恒山山脈に平行して,その北側を北東流し,河北省に入って官庁峡谷に達する。これより下流を永定河と呼び,南東流して,北京西郊を南下,天津において海河に流入する。長さ650km,流域面積5万0800km2。上流部は黄土高原を流れ,含泥量は黄河に次いで多いので〈渾河〉〈小黄河〉の異名がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいていが【永定河】

中国、華北地方を流れる川。山西省北部に源を発し、天津北西で海河に合流して渤海に注ぐ。古来、河流定まらず無定河と称されたが、清の康熙こうき帝が現名に改称。長さ600キロメートル。ヨンティン-ホー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永定河
えいていが

ヨンティン(永定)河」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永定河
えいていが / ヨンティンホー

中国の河川。海河の支流。上流は河北(かほく/ホーペイ)省懐来(かいらい)県官庁(かんてい)付近で洋河と桑干(そうかん)河に分かれる。前者はモンゴル高原の南辺、万里の長城付近に源を発し、河北省北西部を東流、後者は山西(さんせい/シャンシー)省北部の管(かんしん)山に発し、北東流して官庁で前者に合流し、以下を永定河と称する。太行(たいこう/タイハン)山脈にうがたれた峡谷を経て南東流し、北京(ペキン)市の南西部を貫いて天津(てんしん/ティエンチン)で海河(かいが/ハイホー)に合流する。長さ650キロメートル、流域面積5万平方キロメートル。黄土地帯を経由するため沖積土の運搬量が多く、かつては華北平原に出てからの流路は不安定で、多くの分流があった。無定河、渾河(こんが)、小黄河などの名はそれにちなむ。清(しん)代に安定を図って堤防が築かれ、1954年には官庁峡にダムをつくるなど治水工事が進められて、下流域は今日、華北(かほく/ホワペイ)平原の重要な農業基地となっている。[秋山元秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永定河の関連キーワードチャンチヤコウ(張家口)地区シヤオウータイ(小五台)山ランファン(廊坊)特別市イエンシャン(燕山)山脈ファンシャン(房山)区イエンペイ(雁北)地区シンチョウ(忻州)地区ペキン(北京)直轄市ツーヤー(子牙)河盧溝橋・蘆溝橋ヨンティン川ハイ(海)河盧溝橋事件ホワペイ張家口石景山王念孫ホー河流衛河

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android