コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎ゲルマン主義 はんゲルマンしゅぎPan-Germanism

翻訳|Pan-Germanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎ゲルマン主義
はんゲルマンしゅぎ
Pan-Germanism

第1次世界大戦前ドイツ帝国もとに国外に住む全ゲルマン民族の結合をはかり,それによってドイツ民族の生活圏の拡大を実現しようとする主張。概念としては汎スラブ主義ほど明確ではなく,ドイツの世界政策推進のためのドイツ勢力の東方進出を意味し,むしろ外国人によって使われた。ドイツ人自身の意識的運動としては,「全ドイツ主義」を主張する全ドイツ連盟によって具体的に推進された諸運動および思想がこれにあたり,全ドイツ連盟は新聞や出版物によって政府の外交政策を妨げ,この主義のもとでウィルヘルム2世による世界政策が進行した。第1次世界大戦勃発後は併合政策を主張し,その主張の多くはナチスに受継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんゲルマン‐しゅぎ【汎ゲルマン主義】

ドイツが盟主となり、ゲルマン民族による世界制覇を実現しようとする思想・運動。19世紀末から、ドイツ帝国が政策化してバルカン中近東などへの進出をはかったが、第一次大戦で挫折(ざせつ)。その多くはナチスによって継承された。汎ドイツ主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんゲルマンしゅぎ【汎ゲルマン主義】

ドイツ Pangermanismus; 英 Pan-Germanism〕
ドイツを中心にゲルマン民族が団結し世界制覇を達成しようとする思想・運動。一九世紀末以降バルカン・中東への進出政策として具体化されたが、ロシアの汎スラブ主義と衝突、第一次大戦の一因となった。その主要な主張はナチスに継承された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汎ゲルマン主義
はんげるまんしゅぎ
Pan-germanism

19世紀末から、ドイツ人の間に生じてきた民族的優越と膨張を主張するイデオロギーとその運動を、汎スラブ主義になぞらえて、汎ゲルマン主義という。すなわちゲルマン系の全民族には共通の同族意識があるはずであるとする想定が、汎ゲルマン主義と称された。また、ドイツ語を日常語とするすべての人々を一つの国家に統合しようとする企てもこれに数えられる。さらに、ドイツから生じてきた国家主義的運動、とくに全ドイツ連盟(1891~1939)や第二次大戦前のナチスの運動に呼応して、外国に居住するドイツ人の間で使用された政治的スローガンがあげられる。後二者には、バルト海沿岸、東ヨーロッパ各地、オーストリアなどに居住するドイツ人の強い関心が集まり、ドイツの帝国主義的膨張、ヨーロッパ覇権、世界政策と対応して、汎スラブ主義に対抗するイデオロギー的政治運動とみなされた。[岡部健彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

汎ゲルマン主義の関連キーワードオーストリア=ハンガリー帝国オーストリア・ハンガリー帝国汎スカンジナビア主義ドイツ国家人民党ウィルヘルムサラエボ事件

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android