コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江迎 えむかえ

2件 の用語解説(江迎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江迎
えむかえ

長崎県北部,佐世保市北部の旧町域。北松浦半島北西部に位置する。1940年町制。2010年佐世保市に編入。江迎川沿いに開かれた北松炭田(→佐世保炭田)の中心地潜竜と,石炭積出港として発展した江迎の二つの中心集落がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江迎
えむかえ

長崎県北部、北松浦(まつうら)郡にあった旧町名(江迎町(ちょう))。現在は佐世保(させぼ)市の北西部を占める地域。旧江迎町は1940年(昭和15)町制施行。2010年(平成22)鹿町(しかまち)町とともに佐世保市へ編入。松浦鉄道が通じているが、江迎鹿町駅は隣の鹿町地区に属している。平戸(ひらど)藩時代は江迎川上流の猪調(いのつき)村と、下流の長坂村に分かれており、猪調地区は1933年以降日窒(現、ニッチツ)、住友2社によって採炭が開始され、河口部の江迎地区(旧長坂村)は石炭積出し港として繁栄した。しかし、1967年(昭和42)の閉山によって町は衰微し、人口は最盛期の半数以下となり、わずかに佐世保(させぼ)重工業の下請工場などが誘致されているにすぎない。潜竜(せんりゅう)ヶ滝や高岩の景勝地があり、付近に松浦(まつら)氏10代披(ひらく)を祀(まつ)る鎌倉神社がある。南部の鷲尾(わしお)岳(351メートル)は地すべりをおこし、また1962年には豪雨による炭鉱のぼた山の流出によって災害を被ったことがある。[石井泰義]
『『江迎町郷土誌』(1968・江迎町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江迎の関連キーワード長崎県佐世保市上町長崎県佐世保市小野町長崎県北松浦郡長崎県佐世保市熊野町長崎県佐世保市小佐世保町長崎県佐世保市島瀬町長崎県佐世保市早岐長崎県佐世保市平瀬町長崎県佐世保市松浦町長崎県佐世保市元町

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江迎の関連情報