コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木虎雄 すずきとらお

7件 の用語解説(鈴木虎雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木虎雄
すずきとらお

[生]1878.1.18.
[没]1963.1.20.
中国文学者。東京大学卒業。京都大学教授を経て,同大名誉教授文学博士。学士院会員。中国文学の研究によって 1961年文化勲章受章。主著『支那詩論史』 (1927) ,『白楽天詩解』『支那文学研究』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すずき‐とらお〔‐とらを〕【鈴木虎雄】

[1878~1963]中国文学者・漢詩人。新潟の生まれ。号、豹軒(ひょうけん)。京大教授。中国の韻文の研究に功績を残した。文化勲章受章。著「支那文学研究」「支那詩論史」、詩集「豹軒詩抄」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鈴木虎雄【すずきとらお】

漢詩人,歌人,中国文学者。号は豹軒など。新潟県出身。1900年東大卒,正岡子規に師事した。新聞社勤務を経て1919年京大教授。《支那詩論史》は中国の詩説を通観した中国文学評論史として世界最初の試み。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木虎雄 すずき-とらお

1878-1963 大正-昭和時代の中国文学者。
明治11年1月18日生まれ。大正8年京都帝大教授。中国古典文学を研究。漢詩人,歌人としても知られた。学士院会員。昭和36年文化勲章。昭和38年1月20日死去。85歳。新潟県出身。東京帝大卒。字(あざな)は子文。号は豹軒(ひょうけん),葯房(やくぼう)。著作に「支那詩論史」「賦史(ふし)大要」「豹軒退休集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すずきとらお【鈴木虎雄】

1878‐1963(明治11‐昭和38)
日本の中国文学者。字は子文,豹軒または葯房と号する。新潟県粟生津(あおうづ)(現,吉田町)出身。京都大学教授,学士院会員。1961年,文化勲章を受けた。その学問は,伝統的な漢文から中国文学を独立して研究しようとするもので,その著《支那詩論史》は,中国文学評論史として世界最初の試みであり,中国で翻訳された。漢詩人として,一生に1万首近い漢詩を作り,正岡子規と交友があり,歌集もある。【清水 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずきとらお【鈴木虎雄】

1878~1963) 中国文学者・歌人。新潟県生まれ。号、葯房。京大教授。中国の韻文学の研究で業績を残し、多数の漢詩を作った。また、正岡子規と交わり、根岸短歌会に参加。著「支那詩論史」「支那文学研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木虎雄
すずきとらお
(1878―1963)

中国文学者。文学博士。号は豹軒(ひょうけん)(詩)、別号葯房(やくぼう)(和歌)。明治11年新潟県に生まれ、東京帝国大学漢文学科を卒業。東京高等師範学校教授を経て京都帝国大学助教授、ついで教授を歴任。学士院会員、文化功労者となり、文化勲章を受ける。昭和38年、84歳で没した。代表的な著作『支那(しな)詩論史』は歴代の詩評を集めた評論史、『賦史(ふし)大要』は漢詩体の一つである賦の歴史の研究で、いずれも前人未踏の分野を開いた。杜甫(とほ)を好んでその詩の全訳を果たしたほか、多くの詩解を著し、自らも優れた漢詩をつくって漢詩人としても有名であった。『豹軒詩抄』『葯房退休集』がある。中国文学者として古典文学の研究に没頭し、総合的な漢学の伝統から脱皮して、文学としての専門領域をたてるうえで独創的な功績をあげた。[金谷 治]
『『東方学52 先学を語る――鈴木虎雄博士』(1976・東方学会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木虎雄の関連キーワード鈴木豹軒国文学国文中文御国文今村与志雄岡崎俊夫奥野信太郎千田九一興膳宏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木虎雄の関連情報