コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈水海岸 ちんすいかいがんshoreline of submergence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈水海岸
ちんすいかいがん
shoreline of submergence

沈降海岸ともいう。海面の上昇または陸地沈降など,陸地の沈水によって形成された海岸。一般に海岸線の出入りが激しく,溺れ谷と山がちの半島の多い海岸をつくる。V字谷に刻まれた山地が沈水すると,谷は深い湾に,尾根は岬や離島となり,三陸海岸などのようにリアス海岸が形成される。なお,氷食によって形成されたU字谷が沈水すると,ノルウェー海岸などのようにフィヨルド海岸となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

沈水海岸【ちんすいかいがん】

陸地が海面に対し相対的に沈んで形成された海岸。陸上の浸食地形が海面下に沈水するので,溺れ谷ができ,出入の多い海岸が形成される。リアス海岸が典型的。
→関連項目海岸地形沈降海岸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちんすいかいがん【沈水海岸】

海水面の上昇あるいは地殻変動によって、陸地が相対的に沈水した結果できた海岸。尾根は岬みさきに、谷は入江となって、屈曲に富む複雑な海岸線をつくる。リアス式海岸やフィヨルド海岸など。 ↔ 離水海岸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈水海岸
ちんすいかいがん

海面の上昇あるいは地盤の沈降によって、相対的に海水準が上昇し、海が陸地内に侵入した状態の海岸。かつての尾根は岬や島となり、谷の部分は湾や入り江となり、屈曲の多い海岸線をもつことが多い。海岸線の形状は、沈水前の陸上地形によって異なり、壮年山地が沈水すると、樹枝状の入り江をもつリアス式海岸が形成され、沈水の量が小さい台地の場合、大河川下流部は三角江(こう)(エスチュアリーestuary)となる。老年期の山地やかなり開析の進んだ陸地が沈水すると、多島海を形成し、瀬戸内海のような沈水海岸がみられる。
 沈水海岸の沖合いの海底には、海底谷や沈水三角州などの地形が認められることがある。新生代第四紀の完新世(沖積世)前半においては、世界的な海面の上昇があり、各地に著しい沈水海岸が出現したが、その後しだいに岬の部分の海食による後退や、入り江の堆積(たいせき)による前進で平滑される過程にある。[豊島吉則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沈水海岸の関連キーワード佐渡弥彦米山国定公園三陸復興国立公園能登半島国定公園日本の国立公園ユーゴスラビア東和(山口県)フランス(国)周南工業地域玄海国定公園慶良間列島下関(市)相生(市)ダルマチア北松浦半島イリアン湾牛深[市]湯の児温泉離水海岸宇和島湾瀬戸内海

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android