コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈水海岸 ちんすいかいがん shoreline of submergence

5件 の用語解説(沈水海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈水海岸
ちんすいかいがん
shoreline of submergence

沈降海岸ともいう。海面の上昇または陸地の沈降など,陸地の沈水によって形成された海岸。一般に海岸線の出入りが激しく,溺れ谷と山がちの半島の多い海岸をつくる。V字谷に刻まれた山地が沈水すると,谷は深い湾に,尾根は岬や離島となり,三陸海岸などのようにリアス海岸が形成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちんすい‐かいがん【沈水海岸】

地盤の沈降または海面の上昇によって生じた海岸。尾根は岬に、谷は入り江になるので、屈曲のある海岸線をつくる。リアス式海岸ダルマチア式海岸フィヨルドなど。沈降海岸

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沈水海岸【ちんすいかいがん】

陸地が海面に対し相対的に沈んで形成された海岸。陸上の浸食地形が海面下に沈水するので,溺れ谷ができ,出入の多い海岸が形成される。リアス海岸が典型的。
→関連項目海岸地形沈降海岸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちんすいかいがん【沈水海岸】

海水面の上昇あるいは地殻変動によって、陸地が相対的に沈水した結果できた海岸。尾根は岬みさきに、谷は入江となって、屈曲に富む複雑な海岸線をつくる。リアス式海岸やフィヨルド海岸など。 ↔ 離水海岸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈水海岸
ちんすいかいがん

海面の上昇あるいは地盤の沈降によって、相対的に海水準が上昇し、海が陸地内に侵入した状態の海岸。かつての尾根は岬や島となり、谷の部分は湾や入り江となり、屈曲の多い海岸線をもつことが多い。海岸線の形状は、沈水前の陸上地形によって異なり、壮年山地が沈水すると、樹枝状の入り江をもつリアス式海岸が形成され、沈水の量が小さい台地の場合、大河川下流部は三角江(こう)(エスチュアリーestuary)となる。老年期の山地やかなり開析の進んだ陸地が沈水すると、多島海を形成し、瀬戸内海のような沈水海岸がみられる。
 沈水海岸の沖合いの海底には、海底谷や沈水三角州などの地形が認められることがある。新生代第四紀の完新世(沖積世)前半においては、世界的な海面の上昇があり、各地に著しい沈水海岸が出現したが、その後しだいに岬の部分の海食による後退や、入り江の堆積(たいせき)による前進で平滑される過程にある。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈水海岸の関連キーワード沈降海岸低潮水面下鳥山水影海水石鹸海水面変化東京湾平均海水面氷河性海水面変化バック水面

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone