コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓掛温泉 くつかけおんせん

3件 の用語解説(沓掛温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沓掛温泉
くつかけおんせん

小倉の湯ともいわれる。長野県中部,上田盆地の西端にある温泉。青木村に属する。泉質は単純硫黄泉。泉温 37℃前後。静かな湯治場で,国民保養温泉地に指定されている。平安時代東山道が近くの保福寺峠開かれた頃の開湯といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くつかけ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【沓掛温泉】

長野県中部、小県(ちいさがた)郡青木村にある温泉。泉質は単純温泉硫黄泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沓掛温泉
くつかけおんせん

長野県上田市西方、小県(ちいさがた)郡青木村にある山あいの静かな温泉。開湯は、平安時代信濃(しなの)国司が目を患い入湯したとの伝説があり、近くを東山道(とうさんどう)が通っていたことなどを考えるとかなり古いと思われる。泉質は硫黄泉。田沢・沓掛温泉として国民保養温泉地に指定されている。近くに、日本アルプスを世界に紹介したウェストンが越えた保福寺(ほふくじ)峠がある。上田駅よりバス45分。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沓掛温泉の関連キーワード小倉の湯長野県小県郡青木村長野県中野市赤岩長野県中野市岩井長野県上田市岩下長野県中野市岩船長野県上田市上田長野県上田市大手長野県上田市二の丸沓掛[温泉]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沓掛温泉の関連情報