コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄社会大衆党 おきなわしゃかいたいしゅうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄社会大衆党
おきなわしゃかいたいしゅうとう

沖縄の政党。略称社大党。第2次世界大戦後のアメリカ軍占領下の沖縄で,1950年10月に結党。一般勤労者階層を支持基盤とし,民主主義による社会政策の実施などを政綱に掲げた。1960年代に入り,本土復帰運動の統一組織,沖縄県祖国復帰協議会(復帰協)の中心的存在として運動を推進した(→沖縄返還)。1972年の復帰後,党の存続をめぐり一時動揺したが,平良幸一委員長を沖縄県知事に当選させるなど,態勢を固めた。2013年現在,所属国会議員は糸数慶子参議院議員 1人だが,地方政党として特異な存在である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

沖縄社会大衆党【おきなわしゃかいたいしゅうとう】

沖縄群島政府知事選挙に無所属で当選した平良(たいら)辰雄の支持者が1950年結成した政党。政府および市町村役人の多くが入党し圧倒的与党として発足した。以後動揺と分裂を繰り返し,多くの有力幹部が沖縄自由民主党沖縄社会党に移っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄社会大衆党
おきなわしゃかいたいしゅうとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の沖縄社会大衆党の言及

【沖縄[県]】より

… 対日講和の構想が明らかにされるころから,沖縄では日本復帰運動の組織的活動が開始される。1951年4月,沖縄社会大衆党(社大党,1950年10月結党),沖縄人民党(人民党,1947年7月結党)を中心に〈日本復帰促進期成会〉が初の超党派的復帰運動体として結成された。50年代の沖縄の民衆運動は軍用地問題をめぐる島ぐるみ闘争に象徴されるが,その爆発的契機となったのは,56年6月のプライス勧告である。…

※「沖縄社会大衆党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沖縄社会大衆党の関連キーワード社会大衆党(沖縄)第二院クラブ安里 積千代西銘 順治平良 良松比嘉 秀平大山 朝常安里積千代大浜 信賢桃原 茂太平良 幸市平良 辰雄社会大衆平良良松桃原茂太平良幸市平良辰雄

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄社会大衆党の関連情報