コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢住検校 さわずみけんぎょう

5件 の用語解説(沢住検校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢住検校
さわずみけんぎょう

室町時代末期から江戸時代初期にかけての盲人音楽家。沢住勾当,沢角 (さわのづの) ともいう。虎沢検校から三味線本手の伝承を受けたとか,初めて三味線浄瑠璃の伴奏に用いた『浄瑠璃物語』の改修または作曲を行なったとか伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さわずみ‐けんぎょう〔さはずみケンゲウ〕【沢住検校/沢角検校】

室町末期から江戸初期に、京都で活躍した琵琶法師虎沢検校の門弟で、初めて浄瑠璃に三味線を合わせて演奏したという。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢住検校 さわずみけんぎょう

?-? 織豊-江戸時代前期の琵琶(びわ)・三味線奏者。
浄瑠璃(じょうるり)の伴奏に,従来の琵琶にかえてはじめて三味線をもちい,浄瑠璃三味線の祖とされる。その門から薩摩(さつま)浄雲がでたとつたえられ,また義太夫三味線方の竹沢,鶴沢,野沢の沢は沢住に由来するという。沢角ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沢住検校

生年:生没年不詳
室町末期から江戸初めにかけての琵琶法師。沢角とも書く。『色道大鏡』(1678)によれば,虎沢検校相伝という三味線を,平曲の琵琶に準ずるように,はじめて浄瑠璃の伴奏楽器に用いたという。平曲をやつして浄瑠璃を語りはじめたという滝野勾当らと共に,近世音曲としての浄瑠璃芸の成立に深いかかわりがあったとされるが,これも伝承の域を出ない。三味線弾きの竹沢,野沢などの姓は,彼の「沢」の字に由来すると伝える。<参考文献>角田一郎「三味線音楽」(『岩波講座/日本の音楽アジアの音楽』2)

(阪口弘之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さわずみけんぎょう【沢住検校】

盲人の三味線音楽家。沢角とも書かれる。生没,検校登官年月日等不詳。勾当説もある。16世紀末の京都で活躍。《色道大鏡》に,沢住が浄瑠璃の伴奏に三味線を用いはじめたように記されるところから,浄瑠璃三味線の祖とされる。その門から,浄瑠璃太夫薩摩浄雲が出たとも伝えられる。義太夫節の三味線弾きの姓に,竹沢,野沢,鶴沢,豊沢などと〈沢〉の字がつくのは,沢住を祖とするためともいわれる。【平野 健次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沢住検校の関連キーワードキリシタン文学南蛮鉄天川古代サラサ南蛮宗伯庵備後物盲法師寺預け日本五大昔話

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone