コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村田之助(3世) さわむらたのすけさんせい

1件 の用語解説(沢村田之助(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢村田之助(3世)
さわむらたのすけさんせい

[生]弘化2(1845)
[没]1878.7.7.
歌舞伎俳優。5世沢村宗十郎の次男として生れ,安政6 (1859) 年3世田之助を襲名。翌7年 16歳の若さで立女方となる。幕末の江戸歌舞伎界で人気を博し,毒婦役などを得意とした。慶応1 (65) 年壊疽 (えそ) におかされ,アメリカ人ヘボンの手術を受けて両手両足を切断したが,そののちも舞台に出,一時沢村座を興した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沢村田之助(3世)の言及

【義足】より

…義足の材料はおもに木であったが,戦闘で手足を切断された負傷者を救う技術として発達し,16世紀ころには金属でも作られるようになった。日本では,1868年(明治1)に歌舞伎俳優3世沢村田之助がアメリカに義足を注文し,最初の本格的な義肢使用者となった。文学では,《宝島》のシルバー船長,鯨の骨を義足にした《白鯨》のエイハブ船長などに見るとおり,幾度も死地を切り抜けてきた強者(つわもの)を印象づけるための小道具として用いられる。…

【都鳥廓白浪】より

…1854年(嘉永7)3月江戸河原崎座初演。配役は忍ぶの惣太を4世市川小団次,花子実は松若を坂東しうか,吉田梅若を沢村由次郎(のちの3世沢村田之助)。謡曲《隅田川》の梅若伝説をふまえたお家世話狂言。…

※「沢村田之助(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沢村田之助(3世)の関連キーワード星野文良随念真導長谷川夜伯望野香渓本阿彌親平済仁法親王没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone