コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村田之助 サワムラタノスケ

デジタル大辞泉の解説

さわむら‐たのすけ〔さはむら‐〕【沢村田之助】

歌舞伎俳優。屋号紀伊国屋
(初世)3世沢村宗十郎初名
(3世)[1845~1878]5世宗十郎の次男。幕末から明治初期にかけての名女方。壊疽(えそ)にかかり、引退。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

沢村田之助【さわむらたのすけ】

歌舞伎俳優。初世は3世沢村宗十郎の前名。現在6世になるが,3世が有名。屋号紀伊国屋。3世〔1845-1878〕は5世宗十郎の次男。美貌(びぼう)と天才的な演技力幕末江戸歌舞伎に活躍した女方だったが,脱疽(だっそ)を患い,両手両足を切断ヘボンの手術は有名),若くして不幸な死をとげた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さわむらたのすけ【沢村田之助】

歌舞伎俳優。屋号は紀伊国屋。(1)初世 3世沢村宗十郎の初名。(2)2世(1788‐1817∥天明8‐文化14) 3世宗十郎の三男。幼名鉄之助。1801年(享和1)京都へ上り,翌02年田之助を襲名。三都の芝居で活躍。17年(文化14)上上吉位付けされ文化期(1804‐18)の女方の大立者となる。美貌をもって鳴らし,時代,世話ともによく,当り役は《妹背山》のお三輪,《恋飛脚》の梅川など。(3)3世(1845‐78∥弘化2‐明治11) 5世宗十郎の次男。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さわむらたのすけ【沢村田之助】

歌舞伎俳優。屋号は紀伊国屋。
(初世)三世沢村宗十郎の初名。
(三世)(1845~1878) 五世宗十郎の次男。幕末から明治初期の人気若女形。毒婦役を得意としたが、脱疽だつそで両手足を切断して引退。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢村田之助
さわむらたのすけ

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号は紀伊国屋(きのくにや)。3世沢村宗十郎の初名に始まる。[服部幸雄]

2世

(1788―1817)3世宗十郎の三男。1801年(享和1)2世を継ぎ、文化(ぶんか)期(1804~18)の女方(おんながた)の立者(たてもの)になったが、早世した。美貌(びぼう)で、時代・世話・所作事(しょさごと)のいずれもよかった。[服部幸雄]

3世

(1845―78)5世宗十郎の次男。1859年(安政6)3世を襲名。麒麟児(きりんじ)との名声が高く、わずか16歳で守田座の立女方(たておやま)になり、人気を集めた。優れた才能をもちながら、不幸にも脱疽(だっそ)を患って両手両足を切断、しかもなお舞台に立って好評を受けた。伝法肌の女性や悪婆を得意とし、「切られお富」「笠森(かさもり)おせん」「蟒お由(うわばみおよし)」などを当り役とし、34歳で早世。[服部幸雄]

4世

(1857―99)3世の養子で女方。1881年(明治14)襲名。[服部幸雄]

5世

(1902―68)7世沢村宗十郎の次男。1920年(大正9)襲名。64年(昭和39)引退して曙山(しょざん)と名のった。[服部幸雄]

6世

(1932― )5世の長男。本名山中宗雄。1964年(昭和39)父の引退とともに襲名。実力派の女方として活躍する。2002年(平成14)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沢村田之助の関連キーワード沢村 宗十郎(7代目)沢村 田之助(4代目)沢村 田之助(5代目)[各個指定]芸能部門沢村田之助(2代)沢村田之助(6世)沢村宗十郎(3世)沢村宗十郎(4代)沢村田之助(6代)沢村宗十郎(3代)尾上芙雀(7代)処女翫浮名横櫛10月11日心謎解色糸市川 筵女河竹黙阿弥生写朝顔話沢村 六郎都鳥廓白浪皆川博子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android