コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村訥子(7代)(読み)さわむら とっし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村訥子(7代) さわむら-とっし

1860-1926 明治-大正時代の歌舞伎役者。
万延元年4月20日生まれ。東京に出,4代助高屋高助の養子となる。明治15年7代沢村訥子を襲名。立役(たちやく)と女方をかねた。豪快な大立ち回りで知られ,猛優とよばれた。「高田馬場」の安兵衛,「慶安太平記」の丸橋忠弥などが当たり役だった。大正15年3月26日死去。67歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は伊藤千之助。屋号は紀伊国屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村訥子(7代)

没年:大正15.3.26(1926)
生年:安政7.4.8(1860.5.28)
明治大正時代歌舞伎役者。本名伊藤千之助。尾張藩家老の家臣の子として名古屋出来町に生まれる。一説に4月20日生まれ。役者を志し,明治7(1874)年大垣の子供芝居で初舞台を踏む。初名市川千之助。のちに中村と改姓して上京,明治15年,江戸和事の名手だった4代目助高屋高助に見込まれて養子となり訥子を襲名した。20年代以後は中小劇場に多く出演し,当時盛んだった小芝居の頭領的存在となる。芸風は雄壮快活,激しい大立回りを得意として「猛優」の異名を取り,大衆的人気は大劇場の名優をもしのぐものがあった。7代目の養子が8代目を継いだが,昭和38(1963)年没。<参考文献>「名家真相録84」(『演芸画報』1911年10・11月号)

(石橋健一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android