コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村訥子(7代) さわむら とっし

2件 の用語解説(沢村訥子(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村訥子(7代) さわむら-とっし

1860-1926 明治-大正時代の歌舞伎役者。
万延元年4月20日生まれ。東京に出,4代助高屋高助の養子となる。明治15年7代沢村訥子を襲名。立役(たちやく)と女方をかねた。豪快な大立ち回りで知られ,猛優とよばれた。「高田馬場」の安兵衛,「慶安太平記」の丸橋忠弥などが当たり役だった。大正15年3月26日死去。67歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は伊藤千之助。屋号は紀伊国屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村訥子(7代)

没年:大正15.3.26(1926)
生年:安政7.4.8(1860.5.28)
明治大正時代歌舞伎役者。本名伊藤千之助。尾張藩家老の家臣の子として名古屋出来町に生まれる。一説に4月20日生まれ。役者を志し,明治7(1874)年大垣の子供芝居初舞台を踏む。初名市川千之助。のちに中村と改姓して上京,明治15年,江戸和事の名手だった4代目助高屋高助に見込まれて養子となり訥子を襲名した。20年代以後は中小劇場に多く出演し,当時盛んだった小芝居の頭領的存在となる。芸風は雄壮快活,激しい大立回りを得意として「猛優」の異名を取り,大衆的人気は大劇場の名優をもしのぐものがあった。7代目の養子が8代目を継いだが,昭和38(1963)年没。<参考文献>「名家真相録84」(『演芸画報』1911年10・11月号)

(石橋健一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢村訥子(7代)の関連キーワード歌舞伎役者嵐冠十郎(4代)泉川千之助尾上栄三郎(7代)小桜千之助(初代)沢村宗之助(初代)外山千之助中村翫右衛門(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone