コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加東大介 かとう だいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加東大介 かとう-だいすけ

1911-1975 昭和時代の映画俳優。
明治44年2月18日生まれ。沢村国太郎,沢村貞子の弟。昭和8年前進座に入団。市川莚司(えんじ)の名で「人情紙風船」などの映画に出演。18年ニューギニア戦線に従軍。戦後,加東大介の名で「羅生門」「七人の侍」「大番」などで活躍。昭和50年7月31日死去。64歳。東京出身。本名は加藤徳之助。著作に「南の島に雪が降る」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加東大介の関連キーワード沢村国太郎(4代)女が階段を上る時私は貝になりたい如何なる星の下に筑豊のこどもたち『社長』シリーズ喜劇 一発勝負遙かなり母の国虹の中のレモンわたしの凡てをここに泉あり決闘鍵屋の辻次郎長三国志東京ド真ン中霧ある情事矢島せい子加東 大介若い娘たちおかあさん小林 桂樹

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加東大介の関連情報