河原崎 長一郎(読み)カワラザキ チョウイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

河原崎 長一郎
カワラザキ チョウイチロウ

昭和・平成期の俳優



生年
昭和14(1939)年1月11日

没年
平成15(2003)年9月19日

出生地
東京府吉祥寺(現・東京都武蔵野市)

本名
河原崎 統一

学歴〔年〕
早稲田大学文学部中退

主な受賞名〔年〕
NHK映画賞(新人賞 昭38年度),ブルーリボン賞(助演男優賞 昭38年度)「五番町夕霧楼

経歴
前進座創設者の河原崎長十郎、しづ江夫婦の長男。昭和20年小学校1年で初舞台を踏む。35年東映京都と契約、36年「鉄火大名」で映画デビュー。「ちいさこべ」「天草四郎時貞」などで頭角をあらわし、38年「五番町夕霧楼」で演技力の確かな若手俳優として決定的な声価を得、ブルーリボン助演男優賞を受賞。40年東映と契約。同年前進座に入団し、舞台でも活躍するが43年退団。以後、「神々の深き欲望」「私が棄てた女」「櫛の火」などの映画を通して、’60〜70年代の演技派実力俳優の代表的存在となり、温かい庶民派の中年役に定評があった。他の出演作に、映画「復讐するは我にあり」「太陽の子・てだのふあ」「人間の約束」「吉原炎上」「女衒」、テレビ「沿線地図」「早春スケッチブック」「マー姉ちゃん」「やつらの戦い」「花へんろ」「花の咲く家」「いつかまた逢える」など多数。平成5年脳こうそくを患い、半年後に復帰したが、10年糖尿病による合併症で左半身まひとなり入退院を繰り返した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

河原崎 長一郎
カワラザキ チョウイチロウ


職業
俳優

本名
河原崎 統一

生年月日
昭和14年 1月11日

出生地
東京府吉祥寺(東京都 武蔵野市)

学歴
早稲田大学文学部中退

経歴
前進座創設者の河原崎長十郎、しづ江夫婦の長男。昭和20年小学校1年で初舞台を踏む。35年東映京都と契約、36年「鉄火大名」で映画デビュー。「ちいさこべ」「天草四郎時貞」などで頭角をあらわし、38年「五番町夕霧楼」で演技力の確かな若手俳優として決定的な声価を得、ブルーリボン助演男優賞を受賞。40年東映と契約。同年前進座に入団し、舞台でも活躍するが43年退団。以後、「神々の深き欲望」「私が棄てた女」「櫛の火」などの映画を通して、’60〜70年代の演技派実力俳優の代表的存在となり、温かい庶民派の中年役に定評があった。他の出演作に、映画「復讐するは我にあり」「太陽の子・てだのふあ」「人間の約束」「吉原炎上」「女衒」、テレビ「沿線地図」「早春スケッチブック」「マー姉ちゃん」「やつらの戦い」「花へんろ」「花の咲く家」「いつかまた逢える」など多数。平成5年脳こうそくを患い、半年後に復帰したが、10年糖尿病による合併症で左半身まひとなり入退院を繰り返した。

受賞
NHK映画賞(新人賞 昭38年度),ブルーリボン賞(助演男優賞 昭38年度)「五番町夕霧楼」

没年月日
平成15年 9月19日 (2003年)

家族
父=河原崎 長十郎(2代目),母=河原崎 しづ江(女優),弟=河原崎 次郎(俳優),河原崎 建三(俳優),妻=伊藤 栄子(女優)

親族
従妹=岩下 志麻(女優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

河原崎 長一郎 (かわらざき ちょういちろう)

生年月日:1939年1月11日
昭和時代;平成時代の俳優
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android