コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野謙三 こうのけんぞう

3件 の用語解説(河野謙三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河野謙三
こうのけんぞう

[生]1901.5.14. 神奈川
[没]1983.10.16. 神奈川
政治家。河野一郎の実弟。 1923年,早稲田大学専門部卒業。 47年肥料公団理事。 49年兄一郎の公職追放身代り衆議院議員に当選。 53年参議院に転じ,緑風会所属。 58年自由民主党入党。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野謙三 こうの-けんぞう

1901-1983 昭和時代後期の政治家。
明治34年5月14日生まれ。河野一郎の弟。肥料配給公団理事などを歴任。昭和24年公職追放中の兄一郎にかわり衆議院議員に当選。28年参議院議員(当選5回)となり緑風会に所属。33年自民党にうつる。46年参議院議長となり,参議院の改革にとりくんだ。50年日本体育協会会長。昭和58年10月16日死去。82歳。神奈川県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野謙三
こうのけんぞう
(1901―1983)

政治家。神奈川県小田原の生まれ。兄は河野一郎。1923年(大正12)早稲田(わせだ)大学卒業後、肥料業界に入り、1947年(昭和22)肥料公団理事。1949年公職追放中の一郎の身代りとして衆議院選挙に出馬し当選、1953年参議院に回り、以後連続当選。1958年緑風会から自民党に移る。1971年野党と自民党反主流グループの支持で参議院議長に当選、超党派的見地にたって国会運営を行い参議院改革にも取り組んだ。アマチュア・スポーツ界と関連が深く1975年日本体育協会会長に就任。[伊藤 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の河野謙三の言及

【河野一郎】より

…しかし64年秋,ポスト池田の自民党総裁指名でライバル佐藤栄作に敗れて政権の夢は消え,翌年急死した。参議院議長を務めた河野謙三は弟,新自由クラブを結成した河野洋平は長男。【内田 健三】。…

【採決】より

…ただし慣行上,議長は,議員としての表決には加わらない。議長決裁は,現状維持的に行使されるべきだという見解が多いが,1975年7月,参議院議長河野謙三は,法律改正を内容とする法案を成立させるために決裁権を行使した。 上記の意味から転じて,政治的意味で,対立関係にある二大勢力のどちらもが過半数を制しえない状態のもとで,第三党以下の小勢力が多数・少数関係の推移に決定的な役割を演ずることをも,〈キャスティング・ボートをにぎる〉という。…

※「河野謙三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河野謙三の関連キーワード今井はつ浦野幸男神田大作木村禧八郎小島徹三竹山祐太郎中川俊思野村ミス早川崇松野幸泰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野謙三の関連情報