コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法廷秩序 ほうていちつじょ

1件 の用語解説(法廷秩序の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうていちつじょ【法廷秩序】

民主社会において,法の権威を確保することはきわめて重要な課題であり,裁判所の手続を進めるに当たっては法廷の秩序を維持し裁判の威信を保持することが求められる。そのために,裁判所には法廷警察権が与えられ,度を越した激しい法廷闘争が演じられるような場合には被告人すら退廷させられることがある。なお,公判廷において写真撮影,録音,あるいは放送をするには裁判所の許可が必要とされるが,そのような規制はこの秩序維持の要請にこたえるものでもある(公開裁判)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法廷秩序の関連キーワード自助秘密投票民社党民主社会主義親風ザイル作者法廷秩序維持法セルフビレイ間接侵害

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone