コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開裁判 こうかいさいばん Öffentlichkeitsentscheidung

3件 の用語解説(公開裁判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公開裁判
こうかいさいばん
Öffentlichkeitsentscheidung

一般国民の傍聴の自由の保障のもとに行なわれる裁判。恣意的な裁判を排し,国民の権利,自由を保護するうえで重要な原則。日本国憲法は「裁判の対審及び判決は,公開法廷でこれを行ふ」 (82条1項) と規定し,さらに刑事被告人については「公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利」 (37条1項) を保障している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうかいさいばん【公開裁判】

裁判を公開して行うこと。一般国民に審判の傍聴を許すことは,裁判所の手続を国民の監視の下におくことにより,司法の公正な運用を保障するものである。とりわけ刑事裁判では,これによって裁判に対する国民の信頼を保持するという重要な意味をもつ。幸徳秋水らが死刑判決を受けた大逆事件(1910)の裁判などは,公開審理のなかった不幸な事例であった。近世初頭の絶対王政下で典型的に見られた糺問手続においては密室の審判(秘密裁判)が行われていたが,フランス革命によって公開主義が確立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかいさいばん【公開裁判】

訴訟の対審および判決を一般国民の傍聴できる公開の形態で行う裁判。憲法は公開裁判の原則を規定する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公開裁判の言及

【公判】より


[公判期日の手続]
 公判期日の手続は公判廷,すなわち公開の法廷で行われる。憲法により,刑事被告人は公開裁判を受ける権利を保障されている(37条1項)。ただ,裁判所が,裁判官の全員一致で,公の秩序または善良の風俗を害するおそれがあると決したときには,審理を非公開にできる。…

※「公開裁判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公開裁判の関連キーワード家事審判法廷裁判員法一審判士公開審理主義皇籍離脱サルート付審判請求と決定裁判の傍聴

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公開裁判の関連情報