コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判批判 さいばんひはん

1件 の用語解説(裁判批判の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいばんひはん【裁判批判】

一般国民が,言論を通じて,特定の事件についての裁判の内容を批判すること。真摯(しんし)な裁判批判が成立するためには,誤判による人権侵害をただそうとする批判者の意思と,裁判が国民の付託に基づいて行われるという国民主権の思想,そして言論の自由の保障が条件となる。フランスでは,すでに18世紀にボルテールが熱心な裁判批判を行っていたが,19世紀末に起きたドレフュス事件におけるゾラの活動がとくに有名である。アメリカでは,サッコ=バンゼッティ事件の裁判(1921)に対して多くの批判が加えられ,死刑執行後50年を経て州知事が被告人らの名誉回復を宣言した例がよく知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

裁判批判の関連キーワード皇室国際分業民定憲法免許洋学外交的保護気脈を通じる皇籍離脱国民車通貨先物(Financial Futures)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裁判批判の関連情報