コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗足池 せんぞくいけ

2件 の用語解説(洗足池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洗足池
せんぞくいけ

東京都大田区の北部にある池。地名の由来は弘安5 (1282) 年,日蓮上人が池畔で休み,足を洗ったことによる。周囲約 1km,満水時の水深 2m。平安時代に呑 (のみ) 川の支谷をせきとめてつくられた灌漑用ため池

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗足池
せんぞくいけ

東京都大田区北西部にある池。1282年(弘安5)池上(いけがみ)に向かう日蓮(にちれん)が、ここで足を洗ったことが名の由来。このあたりは古くから千束郷(せんぞくごう)とよばれ、稲千束という官に納める石高(こくだか)の単位が地名の由来ともいう。武蔵野(むさしの)台地にある湧水(ゆうすい)池の一つで、勝海舟(かつかいしゅう)夫妻の墓、日蓮ゆかりの袈裟(けさ)掛けの松、桜の丘などが池畔にあり公園となっている。周囲の南千束は高級住宅地を形成している。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗足池の関連キーワード東京都大田区池上東京都大田区蒲田東京都大田区山王東京都大田区千鳥東京都大田区中央東京都大田区東海東京都大田区西六郷東京都大田区羽田東京都大田区南馬込東京都大田区矢口

洗足池の関連情報