洛陽田楽記(読み)らくようでんがくき

  • らくようでんがくき ラクヤウ‥
  • らくようでんがくき〔ラクヤウデンガクキ〕

世界大百科事典 第2版の解説

大江匡房作。1096年(永長1)成立。96年夏ごろから京中で大流行した田楽について記したもの。下町民衆からおこって公卿,文人にまで及び,礼服を着し甲冑をつけて田楽踊狂態を演じたことが活写されている。《遊女記》《傀儡子記(くぐつき)》《狐媚記》などとともに庶民生活の観察から成る作品で,平安後期の漢文学の新動向を示すもの。伝本は彰考館所蔵の写本があるほか,《群書類従》遊戯部,《日本思想大系》にも収める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平安時代の記録書。大江匡房(おおえのまさふさ)著。1096年(永長1)7月、京都で行われた永長(えいちょう)大田楽の記録。原文は漢文で、「永長元年の夏、洛陽大田楽のことあり、その起こるところを知らず」の書き出しでもわかるように、記述は総括的、評論風である。宮廷の侍講(じこう)を務め、当代一流の学者兼行政官であった匡房は、祇園(ぎおん)祭を頂点に郷村からの田楽団が京中を巻き込んだ騒動を述べ、白河院の催した田楽をあるまじき狂態だと評し、田楽好きの皇女郁芳門院(いくほうもんいん)の急逝に関連させて、「妖異(ようい)の萌(きざ)すところ人力及ばず」と時世を論評している。『中右記(ちゅうゆうき)』『古事談』とともに、田楽史上貴重な資料である。

[新井恒易]

『守屋毅校注『洛陽田楽記』(『日本思想大系23 古代中世芸術論』所収・1973・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

平安後期の記録書。一巻。大江匡房(まさふさ)著。嘉保三年(一〇九六)夏に都で大流行した田楽について漢文体で記したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の洛陽田楽記の言及

【田楽】より

…当時の政情不安や,末法思想などの社会不安を背景に,1096年(永長1)を頂点として短期間流行した特殊な芸能現象である。そのようすは《中右記》や《古事談》《洛陽田楽記》に詳しく,永長の大田楽の名でも呼ばれる。芸能者は殿上人(てんじようびと)をはじめ下級の青侍などにいたるまで,高足・一足・腰鼓・振鼓・銅鈸子・編木・殖女・舂女(《洛陽田楽記》),懸鼓・小鼓・銅拍子・左々良(ささら)・笛・田主・一足・二足(《中右記》)などの姿が見える。…

※「洛陽田楽記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android