コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞院公定 とういんきんさだ

5件 の用語解説(洞院公定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞院公定
とういんきんさだ

[生]興国1=暦応3(1340).1.26.
[没]応永6(1399).6.15.
南北朝時代の廷臣。実夏の子,公賢の孫。生れた年に叙爵され,以後累進して,正平 12=延文2 (57) 年権中納言に就任。一時職を辞したが,権中納言に復職し,天授2=永和2 (76) 年権大納言に昇進。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とういん‐きんさだ〔トウヰン‐〕【洞院公定】

[1340~1399]南北朝時代の公卿。右大臣左大臣を歴任。諸家の系図を集大成した「尊卑分脈」を編纂(へんさん)。日記「洞院公定日記」は南北朝期の世情を記す。後中園左府。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

洞院公定 とういん-きんさだ

1340-1399 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
暦応(りゃくおう)3=延元5年1月26日生まれ。洞院実夏(さねなつ)の子。母は持明院保藤(やすふじ)の娘。祖父公賢(きんかた)の弟実守(さねもり)との抗争の末,家督をつぐ。従一位,左大臣。後中園(ごなかぞの)左大臣と称された。諸家の系図「尊卑分脈(そんぴぶんみゃく)」を編修。応永6年6月15日死去。60歳。法名は元貞。日記に「公定公記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

洞院公定

没年:応永6.6.15(1399.7.18)
生年:暦応3/興国1.1.26(1340.2.24)
南北朝・室町時代の公卿。法名は元貞,後中園左大臣と号した。父は洞院実夏,母は持明院保藤の娘。貞和2/正平1(1346)年に元服,文和2/正平8(1353)年従三位,文和4/正平10年参議,延文2/正平12年権中納言となる。父実夏が貞治6/正平22年に没して,大叔父実守が南朝方から北朝方に帰参して洞院家家督の相続を試みたが,応安4/建徳2(1371)年に公定が家督,家領を継いだ。永和2/天授2(1376)年権大納言,応永2(1395)年従一位,内大臣,右大臣,同3年に左大臣となる。同5年に辞任,同6年に出家してまもなく没した。正二位,権大納言であった永和3/天授3年から応永2年のころに諸氏の系図を集成した『尊卑分脈』を編集した。『洞院公定日記』(1374~77)がある。

(伊東正子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とういんきんさだ【洞院公定】

1340~1399) 南北朝時代の公家。左大臣。後中園と称される。「尊卑分脈」を編纂。また、内乱期の世情を伝える日記二巻を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の洞院公定の言及

【尊卑分脈】より

…諸家の系図を集成したもので,姓氏家系を調べるのには欠くことのできない重要な史料である。洞院公定(とういんきみさだ)(1340‐99)著。内題には《新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集》とあるが,普通《尊卑分脈》の名で呼ばれ,また《大系図》とも称される。…

【洞院家】より

…藤原氏北家閑院流の西園寺公経の男左大臣実雄(1217‐74)を始祖とする堂上公家。実雄の女のうち,佶子は亀山天皇の皇后として後宇多天皇を生んで京極院の院号を受け,愔子は後深草天皇の後宮に入って伏見天皇を生み玄輝門院の院号を受け,季子も伏見天皇の後宮に入って花園天皇を生み顕親門院の院号を受けるなど,大覚寺・持明院両皇統の国母を出したため,実雄をはじめ歴代が大臣に任ぜられる家柄となり,また実雄の男公雄が小倉家を,2代公守の男実明が正親町(おおぎまち)家を起こすなど庶流も分立し,家に多くの典籍を蓄え,博識の人も多く出た。…

※「洞院公定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洞院公定の関連キーワード高倉永宣五辻泰仲今出川公直花山院通定兼吉(初代)賀茂在弘高倉永行徳大寺公俊山科教冬遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone