コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津村別院 ツムラベツイン

4件 の用語解説(津村別院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つむら‐べついん〔‐ベツヰン〕【津村別院】

大阪市中央区にある浄土真宗本願寺派の別院。慶長2年(1597)准如(じゅんにょ)によって天満(てんま)から現在地に移転された。東本願寺の南御堂(みどう)に対して、北御堂と称される。表御堂。津村御堂。大阪別院。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つむらべついん【津村別院】

大阪市東区にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の大阪別院。大谷派の難波別院(南御堂)に対し,北御堂(きたのみどう)ともいう。1591年(天正19)大坂天満の本願寺が京都に移転後,大坂の門徒は楼岸に坊舎を建て,97年(慶長2)現在の津村の地に移った。江戸時代には触頭として摂津国内の末寺を支配し,再三にわたり朝鮮使節の宿泊所となっている。《吟曲古今大全》は〈御堂まんざい〉を載せ,1734年(享保19)御堂落成のありさまをうたいあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つむらべついん【津村別院】

大阪市中央区本町にある浄土真宗本願寺派の寺。1597年創設。大谷派の難波別院を南御堂と称するのに対し、北御堂と呼ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津村別院
つむらべついん

大阪市中央区本町にある浄土真宗本願寺派の寺。大阪別院、津村御堂(みどう)ともいう。また同区内の東本願寺難波(なんば)別院を南御堂とよぶのに対して北御堂とよばれる。1496年(明応5)本願寺第8世蓮如(れんにょ)は玉造(たまつくり)の岸(あるいは石山ともいう)すなわち大坂城の地に石山御坊を建てた(石山本願寺のもと、大坂御坊)。その後、石山合戦の結果、1580年(天正8)勅裁により顕如(けんにょ)は紀州(和歌山県)鷺(さぎ)ノ森に移ったが、5年後に泉州(大阪府)貝塚を経て大坂の楼岸に帰る。ついで豊臣(とよとみ)秀吉の庇護(ひご)を得て天満(てんま)に移るが、工事中に本山が京都の六条堀川(現西本願寺)に移ったので大坂の門徒が一寺を営んだ。1597年(慶長2)准如(じゅんにょ)が現在地に移してのち西本願寺配下となった。大坂戦乱のとき蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)の陣となり荒廃、1692年(元禄5)寂如(じゃくにょ)によって再興された。[清水 乞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津村別院の関連キーワード湛如上人西本願寺十派本願寺派山科別院吉崎御坊お西勝興寺築地別院土山沢暎

津村別院の関連情報