難波別院(読み)なんばべついん

世界大百科事典 第2版の解説

なんばべついん【難波別院】

大阪市中央区にある真宗大谷派(東本願寺)の別院。本願寺派の津村別院北御堂(きたのみどう)と称するのに対して,南御堂(みなみのみどう)ともいう。1594年(文禄3)本願寺教如は本願寺住持職を弟准如に譲って隠退,翌95年に摂津国西成郡渡辺の石山本願寺旧地に寺を営み,大谷本願寺または大坂本願寺と号したのが起源である。1598年(慶長3)現在地に移り,1603年堂舎を完成,これを難波御堂と称した。前年の1602年に,教如は徳川家康から京都七条烏丸に寺地を寄進され大谷派本願寺(東本願寺)を興したので,難波御堂を別院とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難波別院
なんばべついん

大阪市中央区北久太郎(きたきゅうたろう)町にある真宗大谷(おおたに)派の別院。「南御堂(みなみみどう)」とも称する。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。1595年(文禄4)教如上人(きょうにょしょうにん)が創建し、1598年(慶長3)現在地に移った。初め大谷本願寺と号していたが、1602年大谷派本願寺が京都烏丸(からすま)に造営されてから別院となり、1671年(寛文11)輪番の制が敷かれた。諸堂宇が次々と建ち、寺域を広め、西本願寺の津村別院(「北御堂」と称する)と並んで市中の偉観となったが、1945年(昭和20)の戦災で旧観を失った。現本堂は61年(昭和36)の再建。境内には芭蕉(ばしょう)の枯野の句碑がある。[瓜生津隆真]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難波別院の関連情報