コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波別院 なんばべついん

2件 の用語解説(難波別院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんばべついん【難波別院】

大阪市中央区にある真宗大谷派(東本願寺)の別院。本願寺派津村別院を北御堂(きたのみどう)と称するのに対して,南御堂(みなみのみどう)ともいう。1594年(文禄3)本願寺教如は本願寺住持職を弟准如に譲って隠退,翌95年に摂津国西成郡渡辺の石山本願寺の旧地に寺を営み,大谷本願寺または大坂本願寺と号したのが起源である。1598年(慶長3)現在地に移り,1603年堂舎を完成,これを難波御堂と称した。前年の1602年に,教如は徳川家康から京都七条烏丸に寺地を寄進され大谷派本願寺(東本願寺)を興したので,難波御堂を別院とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難波別院
なんばべついん

大阪市中央区北久太郎(きたきゅうたろう)町にある真宗大谷(おおたに)派の別院。「南御堂(みなみみどう)」とも称する。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。1595年(文禄4)教如上人(きょうにょしょうにん)が創建し、1598年(慶長3)現在地に移った。初め大谷本願寺と号していたが、1602年大谷派本願寺が京都烏丸(からすま)に造営されてから別院となり、1671年(寛文11)輪番の制が敷かれた。諸堂宇が次々と建ち、寺域を広め、西本願寺の津村別院(「北御堂」と称する)と並んで市中の偉観となったが、1945年(昭和20)の戦災で旧観を失った。現本堂は61年(昭和36)の再建。境内には芭蕉(ばしょう)の枯野の句碑がある。[瓜生津隆真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難波別院の関連キーワード西本願寺東本願寺大谷派津村別院本願寺派山科別院吉崎御坊大谷祖廟大谷光紹高松誓

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難波別院の関連情報