コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪沢湖 こうたくこ

4件 の用語解説(洪沢湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洪沢湖
こうたくこ

「ホンツォー (洪沢) 湖」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

洪沢湖【こうたくこ】

中国,江蘇省西部の大湖。面積1960km2。従来淮河(わいが)の遊水池の役目を果たしてきたが,中華人民共和国成立後,政府は蘇北灌漑総渠(かんがいそうきょ)計画によって閘門(こうもん)や堰堤(えんてい)を整備し,淮河の治水をほぼ完成したので,従来ほどの大きな役割を失っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうたくこ【洪沢湖 Hóng zé hú】

中国,江蘇省北部,大運河の西にある湖。面積2069km2(中国第7位)。最大水深5.5m。淮河(わいが)をはじめ,黄河と長江(揚子江)の中間にある多くの中小河川が注ぎ,三河,高郵湖を経て長江に排水されるが,1952年東岸の洪沢県(高良澗)から黄海に向けて蘇北灌漑総渠が設けられた。湖は洪水の調整や灌漑に機能を果たすほか,養魚,水運にも利用される。湖が形成されたのは新しく,隋代以前は淮河の南岸に群小の湖沼があったにすぎなかったが,金・元以降,黄河の本流が南へ移動し,淮河の下流をふさいだ結果,積水によってそれまでの湖沼群がつながって一つになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪沢湖
こうたくこ / ホンツォーフー

中国、江蘇(こうそ/チヤンスー)省北部の湖。面積3180平方キロメートル、貯水容量130億立方メートル、湖面標高15.5メートル、最大水深5.5メートル。もとは大きな湖は存在せず、小湖沼群が存在するのみで、古称は破釜塘(はふとう)といった。隋(ずい)代に洪沢浦と改称され、唐代に初めて洪沢湖と名づけられた。12世紀に黄河(こうが/ホワンホー)が淮河(わいが/ホワイホー)下流部に流れ込み、その泥土の堆積(たいせき)で河床が高くなると、淮河は排水できなくなり、ここに水が集まった。そのため湖面が拡大し、明(みん)・清(しん)2代にわたり、淮河の流す水がたまって、今日のような中国第3位の大淡水湖となった。湖水は宝応湖、高郵湖を経て長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))に排出される。水路が狭いので、解放前は淮河の増水期に湖の周辺で水害が多発した。解放後1952年蘇北灌漑総渠(そほくかんがいそうきょ)が建設され、湖水の一部は江蘇省北部の農地灌漑と水運に利用されるようになったが、現在も大部分の水は長江に排出されている。湖内には淡水魚やカワエビ、カワガニが多く生息し、また野鳥もタンチョウヅル、ハクチョウなど珍しいものが多い。沿岸にはヨシ、アシが繁茂し、水運も盛んである。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洪沢湖の関連キーワード江蘇省淮陰三大運河九州昆明池清涼山雲崗運河の秘密京杭大運河清江(中国江蘇省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone