コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜尾新 はまお あらた

8件 の用語解説(浜尾新の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浜尾新

教育行政家。但馬国生。英仏学を学び、維新後文部省に出仕。開成学校校長心得を経て、帝大総長、文相に就任。また元老院議官貴族院議員枢密顧問官、東宮大夫などを歴任した。大正14年(1925)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はまお‐あらた〔はまを‐〕【浜尾新】

[1849~1925]教育行政家。兵庫の生まれ。東大総長・貴族院議員・文相・枢密院議長などを歴任。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜尾新【はまおあらた】

明治・大正期の教育家,教育行政家。但馬(たじま)国豊岡藩士。英仏学を修め1872年文部省に出仕。大学南校,東大,文部省官立学務局等の要職を歴任,1893年東大総長(1905年再任)となり初期の東大運営に尽力。
→関連項目浜尾四郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜尾新 はまお-あらた

1849-1925 明治-大正時代の教育行政家。
嘉永(かえい)2年4月20日生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)豊岡藩士の子。明治5年文部省にはいり,南校監事,東京開成学校長心得などをへて26年帝国大学総長。30年第2次松方内閣の文相となる。38年東京帝大総長。のち東宮御学問所副総裁,枢密院議長などをつとめた。大正14年9月25日死去。77歳。幼名は貞次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浜尾新

没年:大正14.9.25(1925)
生年:嘉永2.4.20(1849.5.12)
明治の教育行政官。東大の揺籃期からの育成者。但馬(兵庫県)豊岡藩の下士浜尾嘉平治と妻ゆうの子に生まれた。明治初年,慶応義塾,大学南校などに学ぶ。明治5(1872)年南校舎中監事となり,6年米国オークランドの兵学校に留学,学校運営を実地に学ぶ。7年帰国し,東京開成学校長心得,東大法理文3学部綜理補を歴任。26年帝大総長,30年文部大臣となる。温厚な人柄ゆえ人望があり,東京帝大法科大教授戸水寛人が日露講和時期尚早論を展開し,時の桂内閣によって休職処分になった戸水事件(1905)の折は再び東京帝大総長に就任しこれを鎮めた。大正時代には東宮御学問所副総裁として7年間,後の昭和天皇の文化人としての教育に努め,大正13(1924)年には枢密院議長に就任した。

(吉家定夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はまおあらた【浜尾新】

1849‐1925(嘉永2‐大正14)
明治・大正期の教育行政家。東京帝国大学の総長としても著名である。但馬(兵庫県)豊岡藩士の家に生まれ,明治維新前に京坂,江戸で英学・仏学を学ぶ。1872年(明治5)文部省に出仕,大学南校(東京大学の前身)の舎中監事を務めた。73‐74年アメリカに留学,帰国後東京開成学校長心得を経て,77年東京大学成立後は法・理・文3学部の綜理補として同郷の綜理加藤弘之を助けた。80年,文部省に転じ,官立学務局長,専門学務局長等を歴任し,東京職工学校(東京工業大学の前身),帝国大学農科大学(農学部)の設置等に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまおあらた【浜尾新】

1849~1925) 教育行政家。但馬たじまの人。東大総長・第二次松方内閣文相・枢密院議長などを歴任。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜尾新
はまおあらた

[生]嘉永2(1849).4.20. 江戸
[没]1925.9.25. 東京
明治,大正期の教育行政家。豊岡藩士の家に生れ,英,仏学を学び,明治5 (1872) 年から文部省に勤務,1873年アメリカに留学,74年帰国して東京開成学校校長心得,77年東京大学創設に伴い法,理,文,3学部綜理補。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜尾新の関連キーワード教育行政教育統計行政官揺籃期揺籃時代地方教育行政組織法中島太郎若林有信教育行政区教育行政統計

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone