コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜尾新 はまお あらた

デジタル大辞泉の解説

はまお‐あらた〔はまを‐〕【浜尾新】

[1849~1925]教育行政家。兵庫の生まれ。東大総長・貴族院議員・文相・枢密院議長などを歴任。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浜尾新【はまおあらた】

明治・大正期の教育家,教育行政家。但馬(たじま)国豊岡藩士。英仏学を修め1872年文部省に出仕。大学南校,東大,文部省官立学務局等の要職を歴任,1893年東大総長(1905年再任)となり初期の東大運営に尽力。
→関連項目浜尾四郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜尾新 はまお-あらた

1849-1925 明治-大正時代の教育行政家。
嘉永(かえい)2年4月20日生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)豊岡藩士の子。明治5年文部省にはいり,南校監事,東京開成学校長心得などをへて26年帝国大学総長。30年第2次松方内閣の文相となる。38年東京帝大総長。のち東宮御学問所副総裁,枢密院議長などをつとめた。大正14年9月25日死去。77歳。幼名は貞次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浜尾新

没年:大正14.9.25(1925)
生年:嘉永2.4.20(1849.5.12)
明治の教育行政官。東大の揺籃期からの育成者。但馬(兵庫県)豊岡藩の下士浜尾嘉平治と妻ゆうの子に生まれた。明治初年,慶応義塾,大学南校などに学ぶ。明治5(1872)年南校舎中監事となり,6年米国オークランドの兵学校に留学,学校運営を実地に学ぶ。7年帰国し,東京開成学校長心得,東大法理文3学部綜理補を歴任。26年帝大総長,30年文部大臣となる。温厚な人柄ゆえ人望があり,東京帝大法科大教授戸水寛人が日露講和時期尚早論を展開し,時の桂内閣によって休職処分になった戸水事件(1905)の折は再び東京帝大総長に就任しこれを鎮めた。大正時代には東宮御学問所副総裁として7年間,後の昭和天皇の文化人としての教育に努め,大正13(1924)年には枢密院議長に就任した。

(吉家定夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまおあらた【浜尾新】

1849‐1925(嘉永2‐大正14)
明治・大正期の教育行政家。東京帝国大学の総長としても著名である。但馬(兵庫県)豊岡藩士の家に生まれ,明治維新前に京坂,江戸で英学・仏学を学ぶ。1872年(明治5)文部省に出仕,大学南校(東京大学の前身)の舎中監事を務めた。73‐74年アメリカに留学,帰国後東京開成学校長心得を経て,77年東京大学成立後は法・理・文3学部の綜理補として同郷の綜理加藤弘之を助けた。80年,文部省に転じ,官立学務局長,専門学務局長等を歴任し,東京職工学校(東京工業大学の前身),帝国大学農科大学(農学部)の設置等に貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はまおあらた【浜尾新】

1849~1925) 教育行政家。但馬たじまの人。東大総長・第二次松方内閣文相・枢密院議長などを歴任。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜尾新
はまおあらた

[生]嘉永2(1849).4.20. 江戸
[没]1925.9.25. 東京
明治,大正期の教育行政家。豊岡藩士の家に生れ,英,仏学を学び,明治5 (1872) 年から文部省に勤務,1873年アメリカに留学,74年帰国して東京開成学校校長心得,77年東京大学創設に伴い法,理,文,3学部綜理補。 80年文部省に戻り,官立学務局長,専門学務局長などを歴任。 93年東京大学総長に就任し,講座制の創設などに努力。 97年松方正義内閣の文部大臣に就任,のち再び東京大学総長,東宮御学問所副総裁,枢密院議長などを歴任し,教育行政面に尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

浜尾新の関連キーワード山口 仙之助大塚先儒墓所辻新次

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android