コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜尾四郎 はまおしろう

3件 の用語解説(浜尾四郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

浜尾四郎【はまおしろう】

推理作家。加藤弘之の孫,照麿の子。古川緑波の兄。1918年浜尾新の養子となり,23年東大法科卒業。東京地方裁判所検事となるが,1928年辞任して弁護士を開業。《彼が殺したか》(1929年)以後,《殺人鬼》《鉄鎖殺人事件》などを発表。
→関連項目新青年(日本)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜尾四郎 はまお-しろう

1896-1935 昭和時代前期の小説家。
明治29年4月24日生まれ。加藤照麿(てるまろ)の4男。古川緑波(ろっぱ)の兄。子爵浜尾新(あらた)の養子。検事,のち弁護士。昭和4年第1作「彼が殺したか」を発表。以後,「殺人鬼」「鉄鎖殺人事件」など本格推理小説をかいた。8年貴族院議員。昭和10年10月29日死去。40歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜尾四郎
はまおしろう
(1896―1935)

推理作家。東京生まれ。東京帝国大学法学部卒業。子爵、検事、のち弁護士を開業。1929年(昭和4)処女作『彼が殺したか』を発表。以後『黄昏(たそがれ)の告白』『殺された天一坊』などの作品を書くかたわら、本格推理小説の論客として初期の創作推理文壇で活躍した。バン・ダインに傾倒してその影響下に書かれた『殺人鬼』(1931)は、重厚な構成をもち、第二次世界大戦前では数少ない本格長編の代表作である。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜尾四郎の関連キーワード佐々木味津三矢田津世子井手訶六川田功霜田史光津村京村寺尾幸夫中戸川吉二松永延造涌島古代子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜尾四郎の関連情報