浜尾四郎(読み)はまおしろう

百科事典マイペディアの解説

浜尾四郎【はまおしろう】

推理作家。加藤弘之の孫,照麿の子。古川緑波の兄。1918年浜尾新の養子となり,23年東大法科卒業。東京地方裁判所検事となるが,1928年辞任して弁護士を開業。《彼が殺したか》(1929年)以後,《殺人鬼》《鉄鎖殺人事件》などを発表。1933年貴族院議員となって筆を断った。落語や演劇にも通じた。
→関連項目新青年(日本)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜尾四郎 はまお-しろう

1896-1935 昭和時代前期の小説家。
明治29年4月24日生まれ。加藤照麿(てるまろ)の4男。古川緑波(ろっぱ)の兄。子爵浜尾新(あらた)の養子。検事,のち弁護士。昭和4年第1作「彼が殺したか」を発表。以後,「殺人鬼」「鉄鎖殺人事件」など本格推理小説をかいた。8年貴族院議員。昭和10年10月29日死去。40歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜尾四郎
はまおしろう
(1896―1935)

推理作家。東京生まれ。東京帝国大学法学部卒業。子爵、検事、のち弁護士を開業。1929年(昭和4)処女作『彼が殺したか』を発表。以後『黄昏(たそがれ)の告白』『殺された天一坊』などの作品を書くかたわら、本格推理小説の論客として初期の創作推理文壇で活躍した。バン・ダインに傾倒してその影響下に書かれた『殺人鬼』(1931)は、重厚な構成をもち、第二次世界大戦前では数少ない本格長編の代表作である。[厚木 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android