コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本良順 まつもとりょうじゅん

7件 の用語解説(松本良順の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本良順
まつもとりょうじゅん

[生]天保3(1832).6.16. 江戸
[没]1907.3.12. 東京
医師。佐藤泰然の次男として生れ,のち幕府医官松本良甫の養子となる。安政4 (1857) 年幕命により長崎に留学,蘭医 J.ポンペについて西洋医術を学び,文久1 (61) 年に創立した長崎養生所ポンペを助けて教育と臨床にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐りょうじゅん〔‐リヤウジユン〕【松本良順】

[1832~1907]西洋医学者。江戸の人。字(あざな)は子良。号は蘭疇(らんちゅう)。佐藤泰然の次男。幕命により長崎でポンペに学び、江戸に戻ってから医学所頭取。のち明治新政府の初代陸軍軍医総監を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松本良順【まつもとりょうじゅん】

幕末・明治の医学者。1871年順と改名,号は蘭疇(らんちゅう)。佐藤泰然の次男,幕府の医官松本良甫の養子。1857年長崎でポンペに学び,1863年江戸の医学所頭取となる。
→関連項目大磯[町]海水浴西洋医学所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本良順 まつもと-りょうじゅん

松本順(まつもと-じゅん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとりょうじゅん【松本良順】

1832‐1907(天保3‐明治40)
幕府の医官,日本の陸軍軍医制度の確立者。のちに松本順と称する。江戸で生まれる。蘭方医佐藤泰然の次男で,幕府の奥医師松本良甫の養子となる。号は蘭疇(らんじゆ)。坪井信道竹内玄同らから蘭学を修め,1857年(安政4)幕命で長崎に行き,ポンペに師事,彼に協力して日本最初の洋式病院である長崎養生所を開設した。62年(文久2),江戸に帰り,緒方洪庵の死のあとをうけて医学所頭取となる(医学所ははじめ西洋医学所と称したが,緒方洪庵頭取のとき医学所と改称)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとりょうじゅん【松本良順】

1832~1907) 西洋医学者。江戸の人。佐藤泰然の次男。幕医松本良甫の養子。字あざなは子良、号は蘭疇らんじゆ。長崎に留学、ポンペに師事、のち医学所頭取。維新後、陸軍軍医制度の確立に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本良順
まつもとりょうじゅん
(1832―1907)

幕末・明治時代の医家。下総(しもうさ)国(千葉県)佐倉藩医佐藤泰然(たいぜん)の二男として生まれ、幼名は順之助、名は良順、のち順に改め、蘭疇(らんちゅう)と号した。幕府医官の松本良甫(りょうほ)(1806―1877)の養子となり改姓した。1857年(安政4)幕命で長崎に行き、ポンペの医学伝習生の責任者となって長崎養生所・医学所の運営に尽力した。1862年(文久2)江戸に帰り、幕府の医学所2代目頭取緒方洪庵(おがたこうあん)を補佐し、洪庵没後3代目頭取となって、ポンペ直伝の近代医学教育法を導入した。戊辰(ぼしん)戦争では幕軍に参加、会津に軍陣病院を設けて戦傷病者の治療を行った。戦後は明治政府に捕らえられ禁錮の身となったが、1869年(明治2)釈放され、早稲田(わせだ)に私立病院蘭疇医院を建て、教育と診療にあたった。野にあること数年、懇請されて兵部省に出仕し、軍医寮を創設(1871)、陸海軍が分かれたあとは陸軍軍医部の編成に尽力し、初代陸軍軍医総監(1873)となった。[宗田 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松本良順の言及

【医学】より

… 幕府は西欧軍事技術とともに軍陣医学技術を導入させるべく,長崎に海軍伝習所とともに,医学の教養施設をつくった。医学については,オランダより招聘(しようへい)した軍医ポンペを師とし,日本側は,幕臣松本良順をはじめ各藩より選択されたものが学生となって,初めて西欧式の系統だった医学教育がおこなわれた。とくに臨床実習のために,小島という場所に西欧風の病院を建築しておこなうなど,本格的である。…

【大磯[町]】より

…江戸時代は東海道の宿駅として栄えた。1885年松本良順により照ヶ崎海岸に日本最初の海水浴場が開かれて以来,温暖な景勝地として別荘を営むものが多く,伊藤博文の滄浪閣(そうろうかく),山県有朋の小淘(こゆるぎ)庵などが著名で,第2次世界大戦後吉田茂も居住した。西行の歌で知られる鴫立沢(しぎたつさわ),島崎藤村の墓のある地福寺,高田保ゆかりの高田公園などがある。…

【海水浴】より

…避暑,レクリエーションなどを目的として海浜で行われる水浴。海水による沐浴(もくよく)の歴史は古く,旧約聖書にエジプト人の沐浴の記録があるが,18世紀の中ごろ,イギリスの医師R.ラッセルが,海浜の空気を呼吸し,海水に浸り,海水を飲むことの医療的効果を唱え,ブライトンの海岸に患者を集めて実行したのが近代の海水浴sea bathingの始まりとされる。その後しだいに医療目的を離れ,行楽娯楽として各地の海浜で盛んになった。…

【西洋医学所】より

…万延1年(60)10月幕府の直轄となり種痘所と改称,翌年西洋医学所と改称されて大槻俊斎が初代頭取となり,教授,解剖,種痘の3科が発足した。第2代頭取の緒方洪庵のときに医学所と改称,第3代頭取松本良順に至って学制がようやく整ったが,戊辰戦争で閉鎖された。維新後68年(明治1)6月江戸鎮台府により復活され,下谷和泉橋通の旧藤堂藩邸の仮病院と合併,旧幕府の医学館とともに東京府,鎮将府,軍務官など所管を数転し,69年6月大学校所管となり,大学東校,東校,第一大学区医学校などの改称を経て,現在の東京大学医学部へとつながった。…

【弾左衛門】より

… しかしながら,過酷な身分的差別に対する被差別部落住民の不満は,すでに集中的に高まってきており,幕府・諸藩の意に反する行動に出る人々も目だっていたし,そのうえ,〈えた・非人〉の人数や実力に着眼して特別の軍隊を編成する藩(長州藩)や,江戸市中の攪乱工作に利用しようとして弾左衛門に誘いをかける藩(薩摩藩)など,倒幕をめざす諸藩の動きもみられたから,幕府としても弾左衛門の志向に神経を立てざるをえなくなった。弾左衛門はみずからの身分呼称の〈えた〉を〈醜名〉とみて深く恥じており,その除去,すなわち身分の格上げを願ってやまなかったから,将軍家侍医松本良順をつうじて〈醜名除去〉を請願するにいたった。この件は政情多端のなかで一時紛れはしたが,大政奉還・王政復古(1867)のあとに起こった鳥羽・伏見の戦(1868年1月)の直後,第15代将軍徳川慶喜の命により,長州征伐での功績を理由にしてようやく実現し,〈えた〉身分から〈平人(へいじん)(平民)〉身分に転じ,あわせて弾内記(のち直樹)と改名することも許されて〈海陸軍付病院御用〉を申し付けられ,医学所頭取の松本良順の配下に入れられた。…

【病院】より

…これが私立病院である。こうした私立病院で初期のものとして有名なのは,長崎養生所出身の幕府医官松本良順が1870年(明治3)東京に設けた蘭疇(らんちゆう)医院,ドイツ帰りの佐藤尚中が72年同じく東京に設けた博愛社医院(後,順天堂と改称)などがある。もっとも87年ころまでは私立病院よりは公立病院のほうが多い。…

※「松本良順」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松本良順の関連キーワード石黒忠悳石黒直悳軍医小泉親彦三内多喜治篠尾明済野口詮太郎林研海本堂恒次郎桃井直幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本良順の関連情報